惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

2019年

IPOH イポーへの日帰りの旅

2019.09.18

昨日、クアラルンプール市内で行きたかったSMは、ほぼ回れましたので、
今日は、KL(クアラルンプール)駅から、郊外列車に乗り、
イポーと言う地方都市に行きました。
片道約2時間半かかりました。

マレーシア第3の都市らしいです。
昔は、錫(すず)で栄えた街とあります。
事前にGoogleマップで、調べた時刻表と違い、あまり、列車の本数が少なく、
イポー滞在は、僅か3時間足らずでしたが、とにかく、歩きました。

もう一本遅い列車が4時間後で、今晩のフライトにギリギリでしたので。

クアラルンプール駅で、切符を買うにも、結構な手間がかかりました。
国内移動なのに、パスポートを提示し、わざわざ、切符にフルネームと
パスポート番号を登録していました。

イポーへ

列車はかなりきれいで快適でした。

イポー駅は、瀟洒(ショウシャ)な建物で、
立派な駅舎でした。

イポーの街並み

あまり時間がなかったので、昼ごはんは、飲茶を食べにいきました。
イポーでは、有名な飲茶のお店です。

店員さん、全く英語が通じず(笑)

胡麻団子は、目の前でハサミで半分に。

これは、米粉麺みたいで、冷たい麺の上に、甘酸っぱいソースが
かかっていました。

これだけ食べて、約800円でした。

次に、

たまたま、駅へ戻る道中で、ウェットマーケットに遭遇し、中に、入りました。
かなり、コテコテ感が満載でした。

ちなみに、東アジアを視察する時、
ちょくちょく「ウェットマーケット」という表現を使います。

これは行き届いたスーパーマーケットに対して、昔ながらの市場は、
足元が濡れているから「ウェット」と、区別しているようです。

東アジアでは、やはり麺をよく食べますね。
いろんな種類の麺がおいてありました。

肉も魚も野菜も全て、非冷です。
つまり、その日に買って帰ったら、その日に調理して食べる。
施設は、吹きさらしですし、衛生状態も、あまり良くないから、傷みやすいと思います。

しかしながら、各家庭に冷蔵庫がどんどん普及すると保存するので、当然、これから先は、ウェットマーケットは消滅して行くと思います。

黒田 久一

マスジット・ジャメ(イスラム寺院)

2019.09.18

クアラルンプールで一番古いイスラム寺院に行きました。

各国語のコーランが並んでいました。
日本語版があり、初めて、ページをめくりました。

なるほどなぁと。

僕自身、大学がスペイン語学科だったので、イスラムについては、少しだけ学びました。

スペインはご承知のように、711年から、約800年間、イスラムの支配下にありました。

ジブラルタル海峡を越えて、北アフリカから、
イスラム教徒たちがイベリア半島に乗り込んで来た訳です。

だから、未だに、スペインにも、モスクがかなりあります。

闘牛にしても、フラメンコにしても、イスラムの影響を受けたとされています。

大学時代、友人と2人で、スペイン側からモロッコへ、
ジブラルタル海峡をフェリーで渡り、その近さを感じました。

イスラム文化圏は、日本人の想像以上です。

昨日は、コーランをめくりながら、イスラムの事を、あれこれ考えていました。

黒田 久一

マレーシアイオン

2019.09.18

イオンがマレーシアに進出し、35年になるそうです。

フランスから進出したカルフールも買収した為、現在では、イオンが最大の小売業となります。

海外で、日本の流通企業がシェアナンバー1とは、すごい事ですね。

昨日、クアラルンプールの中心から地下鉄に乗り、数駅のイオンに行きました。

驚いたのは、地下鉄駅名にイオンのロゴがあり、公共機関にさえ、
イオンが認められている証拠ですね。

売場をさーっと見て感じたのは、生鮮3部門が、全体面積の割には小さい。

そして、加工食品の充実と、冷凍食品コーナーが、かなり、広い事です。

東アジアは、冷凍食品は、まだまだだと認識していましたが、
日本以上に、一気に広がるのではと感じます。

暑い国なので、生鮮だと、傷むのも早い。
冷凍冷蔵庫の普及と共に、チルドを飛び越えそうな気配さえ感じました.

米は、ジャスミン米が、10キロで1300円くらい。

日本のような米は、約2倍。
5キロで1300円くらいでした。

広い冷凍食品コーナー。
トップバリュの冷凍食品も並んでいました。

また、ハラル対応された冷凍食品専門メーカーもあるようです。

黒田 久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。