安全・安心の取り組み

フルックスグループでは、お客様に常に安全・安心な食品をお届けするために、様々な活動に取組んでいます。

仕組み

  • 仕組み
  • 製造工場ではHACCP(危害分析重要管理点方式による品質、衛生管理)を導入しています。
    池沢工場は、奈良県HACCP自主衛生管理認証制度(通称:ならハサップ)の第1号施設として認証されました。馬司工場はHACCP支援法の高度化基準認定工場となっています。

製品の検査・分析

  • 製品の検査・分析
  • 微生物検査:
    食品の腐敗や食中毒の原因となる微生物を自社検査し、製品の安全性確保に努めています。
    理化学検査:
    pHや糖度(Brix)、塩分、水分活性(AW)などを測定し、工程管理に活かしています。

品質表示

法律に基づいて、原材料や食品添加物、アレルゲン物質等が正しく表示されていることに努めています。

安心カメラ

製造の状況だけでなく敷地内の出入り状況もカメラでモニタリングし記録し、安全・安心が証明できるようにしています。

異物混入対策

製品への異物混入対策は、フルックスグループが最も重点的に取り組んでいるテーマです。
決められた服装、毛髪除去や手洗い、エアシャワーでのほこり除去、原料に由来する虫や夾雑物の洗浄や検品、
最終的には金属検出器で製品保証しています。
また定期的に原料メーカーを訪問し、査察を実施するなどして安全性を高めるべく努力しています。

安全・安心の工場づくり

  • 普通救命講習会普通救命講習会従業員が工場に備え付けているAED等の講習を受けることで、突然の事故等に遭遇しても慌てることなく応急手当ができることを目指しています。
  • 消防訓練・池沢工場消防訓練・池沢工場年に一度、池沢工場、馬司工場では消防訓練を行います。避難経路の確認や消火器の使い方などを確認します。
  • 消防訓練・馬司工場消防訓練・馬司工場消防訓練を行うことで、まさかの時に冷静に周りを見て行動できることを目指しています。