FRUX group

社員を知る

Staff

社員を知る

会社に入った経緯を教えてください

  • 以前は、市場で働いていました。今の会社の社員に勧められてここへ入りました。

  • すでに就職先は、決まっていたんですが、大学の先生からインターンの話があると聞き、大学の先輩もいることだし、「行ってみたら」と言われて。
    また、会社の先輩がキャリアの講義で大学に来てくれた時の資料があって。
    それで年末の忙しいときに、職場体験をしました。そのときの感想は、仕事は面白そうで、先輩もいるし、心強い会社だと思いました。
    面白いと思ったのは、いろんな仕事ができるから。夕食宅配や真空調理、生の野菜もあって。レストランへの配達などの何でも屋さんみたいのもあって。開発と営業が似たような感じで一緒に商品を作っていて。管理栄養士って、病院だけだと思っていたがそうでもないなと思いました。
  • 大学の就職セミナーで、会社の先輩の話を2回聞いて、奈良にこんな会社があるって知って。
    自宅が奈良なので、奈良で仕事ができたらいいなと思っていました。
    その後、この会社に入ってみないかと話があって、こういうことをしていますよと会社のことを知りました。もともと食品系の会社に行きたいという気持ちがあったので、興味を持って会社訪問をしました。
    そして、この会社を受けました。

現在の仕事について

  • 在庫商品の仕入から、小分け作業、お客様の希望にあわせて納品もしています。

  • 夕食宅配弁当。献立作成から発注、現場への作業指示などなど。すべてにおいて。

  • 商品開発の仕事の中で必要な、登録の仕事をしています。商品開発と製造部の間を取り持っています。
    営業同行して、営業さんの補助をしていました。スープなどの試作もしています。

仕事の中でのやりがいは?

  • 良い商品を安く仕入れ、お客様に感謝されたときかな。

  • 夕食宅配の食数(注文数)が伸びたとき。
    献立が好評だったとき。この仕事は、お客様の顔は見えないので、日替わりの社内弁当で直接食べてもらったときや、試食会で実際お弁当はとってないが試食してもらったとき。試食した人がこのお弁当を、ちょっと頭の片隅において置こうかと。まだ、必要ないけど10年後必要となるかもしれないかなと、会話ができたとき。このおかずを作っていて間違いがなかったかなと思ったりもします。
    *池沢工場では夕食宅配弁当を、社内販売弁当としてお昼に食べることができます。

    そして、原価がぴったりあったとき。
    すごい豪華なものをお弁当にいれたときでも、ちゃんと原価があったとき。
    多分、これは普通に献立を立てるときは考えないこと。食べたいものを安く作れた時ってすごい満足感というか。こんなに豪華だけど、これだけの原価で作れたんだよと。

仕事をしていて楽しいときは?

  • お客様の顔が直接見えないのがうちの会社だから・・・

  • 勉強会とか多い。

  • 開発って意外と、文字ばかり見つめる開発もあれば、食品を見つめる開発もあって。
    いざ、キッチンで違う料理がでてきたらちょっと血が騒ぐというか。
  • 料理を作るには勉強も必要。メニュー、調理の基礎というか、どうやって?
    変わったメニューもあるし、基礎のメニューあるし、ふくめて勉強できたとき。
  • 学校の勉強は、基礎として勉強しておくべきだし、大量調理をやってなかったら今の仕事はできない。結局は、大学に入っていようと学生の間にできるものは基礎。応用することを、また社会人1年目で学ぶというか。知らないこともあるが、砕いてみたら大学で学んだこともあって。嫌いだったことも、今、業務でやっていて。

会社の雰囲気は

  • グループ間同士仲良くやっている。

  • アットホーム。
    グループ間は仲がいい。そうならざるえないというか。
    三晃(青果加工事業)のみでは何もできないわけじゃないですけど、今後を思うと加熱が必要だし。加熱するにはお野菜が必要だし。協力するためには仲良くしないとね。
  • 会社が違うと、会社ごとに仕事を行うイメージが入社する前はあったんですけど。
    でも入ってみると、アットホームだと感じましたし、この1年で他部署ともかかわることがあるんで、助けてもらったことも多々あるんで。

最後にこれから入る方に向けてのメッセージを。

  • いっぱい遊んで。とりあえず勉強も大事ですけど。
    会社に入ったら遊ぶ時間が減るので。遊んだことが学びとなって先輩とのお話しのネタになってというと必要なことだと思うので。就活だけではなく、勉強だけでもなく、たくさん遊んでほしい。
  • 今思うと、もうちょっと遊んでおけばよかったと。学部的に遊べないこともあるんですけど。社会人になったら、社会人は休日のために仕事がんばろう!
    それとは違う楽しみ方が学生の時には、あると思うんで。
    休日は休日で。仕事は仕事でとか。メリハリつけて。
  • メリハリつける習慣を。遊ぶときは遊ぶ。勉強するときは勉強する。
    遊びと勉強のメリハリをつけられる。その延長線上で勉強を仕事に変えられる。