惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

Le Pan Ko te de an(ル・パン・コティディアン)

2011.05.19

昨日から、東京に来ています。

昨日、ちょっと時間があったので、下記のお店に行きました。

Le Pan Ko te de an(ル・パン・コティディアン)

http://www.lepainquotidien.jp/

舌を噛みそうです(笑)。

先日の日経MJ(4/18)に紹介されていました。

ベルギー発祥のベーカリーレストランです。

全世界22ヵ国、150店舗を展開していると、記事に書かれています。

私は、ニューヨークのマンハッタンのお店に朝食に行った事があります。

昨日行ったお店は、港区の芝公園のプリンスホテル内の敷地にあるお店でした。

外観を見る限り、おしゃれで、こんな50を越えたダサいオッサンが(笑)、一人で入りにくそうでしたが、意を決して?入りました。

ニューヨークもそうでしたが、店内の中央には、木製の長机が、ドーンとありました。

壁は、わざわざフランスから職人を呼んで来て、塗ったらしいです。

非常にいい雰囲気でした。

いつか、弊社のお店(直営店)をこんな風に改装するか、工場の休憩室を、こんな雰囲気にしたいなぁ~と。

でも、社内から「社長、またまたアホちゃうか…」と言われるが、目に浮かびますが…(笑)。

工場の休憩室を、こんな風にしたら、品質管理室から「木製の机など、とんでもない。白衣に木グズが付いたら、異物混入の原因になります」とやられる(笑)やろうな…。

私は、ブリオッシュ(280円)と紅茶(550円)を注文。

奈良ではあり得ない値段です(笑)。

元を取り返すべく、たくさんの種類が並べてあったジャム類(イチゴ、アプリコット、イチヂク、ヘーゼルナッツのピーナッツバター、チョコレートスプレッドなど)をたっぷり付けて食べました。

ちなみに、日本での展開は、伊藤忠商事によるものです。

確か、ディーン&デルーカも伊藤忠商事だったかと思います。

大商社による「川下戦略」。

凄いですね。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。