惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

IPOH イポーへの日帰りの旅

2019.09.18

昨日、クアラルンプール市内で行きたかったSMは、ほぼ回れましたので、
今日は、KL(クアラルンプール)駅から、郊外列車に乗り、
イポーと言う地方都市に行きました。
片道約2時間半かかりました。

マレーシア第3の都市らしいです。
昔は、錫(すず)で栄えた街とあります。
事前にGoogleマップで、調べた時刻表と違い、あまり、列車の本数が少なく、
イポー滞在は、僅か3時間足らずでしたが、とにかく、歩きました。

もう一本遅い列車が4時間後で、今晩のフライトにギリギリでしたので。

クアラルンプール駅で、切符を買うにも、結構な手間がかかりました。
国内移動なのに、パスポートを提示し、わざわざ、切符にフルネームと
パスポート番号を登録していました。

イポーへ

列車はかなりきれいで快適でした。

イポー駅は、瀟洒(ショウシャ)な建物で、
立派な駅舎でした。

イポーの街並み

あまり時間がなかったので、昼ごはんは、飲茶を食べにいきました。
イポーでは、有名な飲茶のお店です。

店員さん、全く英語が通じず(笑)

胡麻団子は、目の前でハサミで半分に。

これは、米粉麺みたいで、冷たい麺の上に、甘酸っぱいソースが
かかっていました。

これだけ食べて、約800円でした。

次に、

たまたま、駅へ戻る道中で、ウェットマーケットに遭遇し、中に、入りました。
かなり、コテコテ感が満載でした。

ちなみに、東アジアを視察する時、
ちょくちょく「ウェットマーケット」という表現を使います。

これは行き届いたスーパーマーケットに対して、昔ながらの市場は、
足元が濡れているから「ウェット」と、区別しているようです。

東アジアでは、やはり麺をよく食べますね。
いろんな種類の麺がおいてありました。

肉も魚も野菜も全て、非冷です。
つまり、その日に買って帰ったら、その日に調理して食べる。
施設は、吹きさらしですし、衛生状態も、あまり良くないから、傷みやすいと思います。

しかしながら、各家庭に冷蔵庫がどんどん普及すると保存するので、当然、これから先は、ウェットマーケットは消滅して行くと思います。

黒田 久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。