惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

hostal(オスタル)

2014.04.17

今から、30年以上も前の大学時代にバックパッカーをしてましたが、最近、めっきり減りました。

何故でしょう?

昔は、インターネットも携帯電話もiPadもない。

だから海外は、未知の世界でした。

だから、若者たちは、その未知の世界に夢を見て、飛び出したのか…。

今では、指先で、チョンチョンとやれば、全世界の情報が瞬時に入ります。

残念ですね。

もっと自分の足で歩いて欲しいですね。

昔、バックパッカー時代は、当然、金が無いから、ケチケチ旅行でした。

ユースホステルやYMCA、そして、民泊もしました。

夜行列車にも乗り、駅で寝袋でもよく寝ました。

安宿は、イギリスならB&B、つまり、ベッド&ブレックファーストに泊まり、ポーランドの時は、団地の一室で、完璧に家族が生活してました(笑)。

英語が通じず、ロシア語もポーランド語もわからず、身振り手振りでコミュニケーションを(笑)。

さて、スペインの安宿なら、オスタルでした。

ちなみにスペイン語は、例外なく全てHを発音しません。

ホテルは「オテル」、病院は「オスピタル」であり、おもてなしは「オスピタリダー」です。

オスタルは、たいてい、雑居ビルにありました。

一階が、バルになってたりします。

バスタブなど、当時は、ほとんどなく、シャワー(ドゥーチャ)だけでした。

トイレも共同であったりします。

バルセロナのサンツ駅で久々にバックパッカーの親子らしい3人組を発見。

思わず、嬉しくなりました。

僕も髪の毛がフサフサの二十歳の頃(笑)、リュックに寝袋のバックパッカーでした。

一番下の写真は、パエリャ鍋です。

パエリャという単語は、スペイン語では、通じますが、どちらかと言えば濁ります。

パェジャと発音します。

この一番大きな鍋で、200人前と書かれてました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。