惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

Eagles

2011.03.06

今日は、日曜日なので、中年オヤジのたわごと、ちょっと、お許し下さい(ちょっと長文です、お許しを…)

昨晩、イーグルスのコンサートに家内と行って参りました。

東京ドームでありました。

7年ぶりの来日です。

http://www.eaglesband.com/

私は、ただただ感動し、途中で、青春時代を思い出し、涙も出て来ました。

イーグルスは、大学時代、本当によく聞きました。

私は、大阪の堺市の出身ですが、大学二回生の時、堺市と姉妹都市であるカリフォルニアのバークレー市(サンフランシスコ近郊)に、堺市から「交換学生」として、ホームステイに行かせてもらいました。

2つ家庭にホームステイしましたが、最初のホストファミリーのお宅で、そこの台所にあったFMラジオで、しょっちゅうかかっていたのがイーグルスでした。

それも早口のDJで、どことなくカッコ良かった。

ホームステイ先では、いろんなとこに連れて行ってくれました。

当時の日本人にとって、アメリカ=西海岸だったように思います。

そのカリフォルニアでのホームステイでしたから、毎日が、ワクワクしながら約1ヶ月を過ごす経験をさせてもらいました。

巨大なアイスクリームに、ピザ…。

そのピザも、とてつもなくデカかった。

ホットケーキではなく、バンケーキも初めて食べました。

上にかかっていたのが、ハチミツではなく、メープルシロップを初めて口にして、「何と香りのいい蜜なのだろう」と感激しました。

何を食べても、むちゃくちゃ、美味しいと感激しました。

こんな上手いもん、食べた事がなかった。

まぁ、臭い表現ですが(笑)、僕にとりましては、イーグルスは、ウエストコーストサウンドそのものであり、憧れのアメリカそのものであり、本当に「青春の1ページ」でした。

今日のコンサートでも、バックのシーンは、ウエストコーストそのものでした。

大学時代、同じスペイン語学科のクラスメートに、レコード屋の息子がいて、彼に連れられて、しょっちゅう、大阪日本橋(電気街)に行き、彼のオーディオ選びに付き合わせられました。

レコード屋の友人は、とうとう大枚をはたいて、念願のJBLの高価なスピーカーを買いました。

それは、かなり大きなスピーカーで、確か二本で、50万円くらいしたかと記憶します。

今から30年以上前の話なので、とてつもない買い物だったと思います。

スピーカーが、設置されたその日に、早速、レコード屋の二階のオーディオルームに行きました。

そこで聞かされた
Hotel California
は、本当に度肝を抜かれました。

それは、身体中に響き渡るダイナミックなサウンドでした。

そして、僕にとりまして、もう一曲の思い出の曲は、
Desperado

です。

笑われるかもしれませんが、同級生と連れもって、当時、デビューして間もない竹内まりやを追いかけて(笑)、梅田のライブハウスに行きました。

そこで、アンコールで歌った曲が、

Desperado

でした。

竹内まりやは、留学経験もあるだけに見事な発音で、歌い上げ、僕たち外大生は、その英語にうっとりし、本当に感動しました。

今日の東京ドームは、当然でしょうが満席で、私と同世代(それ以上の方々)の人が多く、大半がカップルで、ドームは、いっぱいでした。

たっぷり聞かせてもらい、アンコールは、最初は、

Take it easy
でした。

そして、再び、アンコール。

本当に最後の曲は、やはり、

Desperado

本当に最高のコンサートでした。

イーグルス、感動をありがとう。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。