惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

50年後は0.7 %

2011.02.28

『1年後は60%
3年後は40%
5年後は15%
10年後は5%
30年後は2%
50年後は0.7%
100年後は0.03%

何のことだかわかりますか?

これは設立された会社の存続率だそうです。

100年残る会社は0.03%。

では
500年残る会社となると…
それはもはや奇跡といえるでしょう。

和菓子の老舗・虎屋。

ここは今日まで約500年も事業を持続させているのです。

室町時代から今日までずっと虎屋営業中なんです。

すごすぎ、ですよね?

現在の虎屋社長の黒川光博社長は500年の秘密をこう語っています。

「変えるものと 変えてはいけないものを ハッキリさせてきたことが 虎屋が500年近くも続いてきた大きな要因ではないか と私は思います」

変えるものと
変えてはいけないものをハッキリさせておくこと。

変えてはいけないもの…それは伝統の味か?

「味は変えてしかるべきだと考えています」

意外です。
味は変えていくのだとか。
味覚と言うのは生活が変われば変化しますから、時代によって変えていくのだそうです。

では変えてはいけないものはなんなのか…

変えてはいけないもの…

それは…

「お客様への感謝の心です」

やっぱり、ありがとうだ!

ありがとうという気持ちから生まれる、
日々の技術革新。
それが500年生き残る秘密。』

上記、友人からもらったメルマガの転送です。

どなたのメルマガなのかは、私は、知りませんが、内容が良かったので、アップさせて頂きます。

もし著作権の侵害で訴えられたら、即、削除致します(笑)。

弊社もあと3年で、創業50年です。

半世紀の重みを感じます。

それにしても虎屋さんは、凄いですね。

虎屋の羊羹は、私の大好物です。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。