惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

鹿児島にて- サツマイモと知覧特攻記念館

2010.09.08

今日は、私を含む社員4人で鹿児島のサツマイモ産地に来ています。

今回の目的は、サツマイモ関連の商品企画の打ち合わせをする為です。

今から20年くらい前から弊社は「天ぷら材料」ビジネスに参入しました。

しかしながら当時は、春先からお盆明けくらいまでのサツマイモの端境(ハザカイ)期に、大変苦労していました。

この端境期の芋は、品質不良(スが入ったり、腐り)で、出荷する度に、クレームと返品の続発で、せっかく、他の天ぷら材料で儲けた利益も吹き飛んでしまうような状況でした。

その後、いろんな取り組みもあり、現在は、安定出荷出来る体制が、ようやく構築出来ました。

しかしながら、サツマイモは、奥行きの深い商材であり、まだまだ用途開発(天ぷら商材以外の商品)も出来れば、圧倒的にサツマイモの扱いが増えます。

これからもいろいろとチャレンジして行きたいと思います。

さて、私や原料担当社員は、何度も鹿児島には来てますので、知覧の特攻平和記念館には、来た事があります。

しかしながら、今回、同行した品質管理室長は、鹿児島そのものが初めてであり、せっかくだからと、途中知覧の平和特攻記念館に立ち寄りました。

今日は、学生さんがいっぱい見学に来られていました。

私は、毎回、ここに来る度にいろんな思いを感じます。

一番若い特攻隊員は、17歳だったんですね。

それぞれの辞世の手紙(句)は、見事なまでの達筆で書かれていて、あらためて当時の日本人は、本当に凛としていたんだなぁと思います。

このような施設は、強制して(押し付けで)、感じるべきでないと私は思うので、それぞれが自由行動として、各自で見学しました。

一番下の写真は、出撃直前に寝泊まりした「三角兵舎」です。

各自、それぞれ、いろんな事を感じたみたいです。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。