惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

高校野球とトップダウン?

2008.08.18

今日は高校野球の決勝戦でした。

大阪桐蔭 対 常葉菊川

結果は、17-0 の圧勝でした。

私の長男は、大阪桐蔭のOBですので素直に嬉しく思います。今日の試合は日中だったので帰宅後、ビデオで観ました。

次男は、近畿大学附属高校の三年生であり、この夏の大阪代表の2校は、偶然にも二人の愚息の高校でした。

二人の息子から感じるのは、それぞれの高校の校風はかなり違うなと思います。

近大附属は自由な校風です。
どちらかと言えば“自主性”を重んじる校風かと思います。

一方、大阪桐蔭は良い意味で、かなりスパルタでした。
まだ歴史の浅い学校からか、有名大学への進学率もスポーツでの活躍も相当な努力を感じさせる高校でした。

毎土曜日は、フル授業だったし、夏休みもほとんどありませんでした。
高3の年末は、大晦日も授業があり、卒業式は1月に行われ、受験体制万全でした(笑)。

長男の高校時代、私はこれは学校を“運営”しているのではなく、“経営”しているなと感じたものです。必死で這い上がろうとする校風であったように思います。
私はどうしても中小企業の経営者として、そのような視点で見てしまいますが、会社の経営も、強い意思によるトップダウンなのか?ボトムアップなのか?いつも悩む問題です。
いやどちらもバランス良く大切ではないかと…。

そんな思いを感じながら、長男の在校時代の頃を思い出しながら、今日の決勝戦のビデオを見ていました。
それにしても全国の高校の頂点を極めるとは、並大抵の努力では実現できるはずもなく、凄い事だと思います。大阪桐蔭高校には心からおめでとうと言いたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。