惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

香港にて

2009.09.21

今日は、先日、弊社のカット野菜工場(HMR工場)の視察にお越しになられた香港人のサプライヤーの方の会社を表敬訪問させて頂きました。

そこは、巨大なコンテナヤードのある倉庫群にありました。

アジアでも有数のコンテナヤードらしいです。

香港は、地勢的に当然ですが、農作物の、ほぼ100%を輸入に依存しています。

日本は、今、やいやいと自給率40%を上げよう上げようとしていますが、香港では、物理的に無理なので、世界中から食糧が入って来ています。

ある意味、仕方がない事です。

さて、今日は、こちらの会社の日本人スタッフの方に、終日、スーパーや百貨店などをご案内頂きながら、回りました。

地元の方の解説を頂きながらのお店回りは、大変、勉強になりました。
この会社の香港人のオーナーは、大陸のご出身でありますが、小学校の時から、日本に住み、そして日本の大学まで出られました。

当時の日本は、恐らく閉鎖的な社会でしたでしょうから、大変な時代だったかと思います。

さて、この方の息子さんは、3人いらして、ご長男が、中国の深センの子会社の総経理をされ、次男の方がカンボジアで日本料理店(鉄板焼のお店)を経営され、三男の方が、香港の本社の副総経理をされています。

それぞれが、カナダや日本にも留学されています。

私が会長に「まさしく華僑の生き方ですね。それと流暢な日本語を聞き、バイリンガルではなく、トライリンガルですね」と言うと、会長は「今や、バイリンガルでは、ダメですね」と。

日本は、今や、マーケットが飽和状態となり、お弁当を298円で売り、ジーパンを880円で売りと、凄まじい過当競争の中にあります。

デフレ経済下での熾烈な闘いです。

そして、日本企業も東アジアの新天地を求めて、いざ、海外に進出しようとも、腹を据えて、土着化する気構えでやれる人材が、どれ程、いるのかなと、逞しい華僑の人たちの生きざまを見て、強く感じた次第です。

香港も金融危機の影響はあったようですが、一年経ち、元気を取り戻しつつあり、不動産も上がり気味らしいです。

いろんな事を感じれた貴重な1日でした。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。