惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

食品流通、激動の時代

2014.02.01

おはようございます。

今朝、起きてびっくりしましたた。

朝刊に阪急阪神グループ(エイチ・ツー・オー・リテイリング)とイズミヤが、統合するとあります。

本当に驚きました。

私は、その噂さえ知りませんでした。

かつてなら、想像もつかなかった組み合わです。

「ええもん安いのはイズミヤ」と言うキャッチコピーを標榜され、イズミヤさんは、成長して来られました。

確か、ペガサスクラブの流通史でも習った私の記憶では、日本でのGMS(ジェネラル・マーチャンダイジング・ストア)の第1号店は、イズミヤだったと思いだし、今、iPadで調べますと、やはり、イズミヤでした。

1968年にオープンした岸和田店が最初らしいです。

つまり、日本のチェーンストアの先駆け的な企業です。

惣菜子会社のデリカアイフーズさんの歴史も古いです。

一方、阪急阪神グループの食品スーパー事業(阪食さん)は、阪急オアシスや、昔の阪急共栄、ニッショーさんらも統合しておられます。

千野社長になってから、さらなる成長路線を走っておられる印象を受けます。

こちらも阪急デリカの自社製造部門もありますし、宅配子会社の阪急キッチンエールも展開されています。

何よりも阪急の強みは、関西人にとりまして圧倒的なブランド力があります。

私の小さい頃(1959年生まれの私)の外食とは、年に数回、阪急百貨店本店(梅田)の大食堂で、ハンバーグステーキを食べさせてもらうことが、唯一の外食でした。

母からは、よそいきを着せられてワクワクした気分で外食した時代です。

そこには、まさしく「ハレ」がありました。

長らくのデフレ下で価格訴求が全面に出ていた感があります。

それが、インフレへの潮目の転換で、今後、この統合で、違った展開もあるかもしれません。

少子高齢化が本格化し、人口も減るなかで、今後も流通再編があるでしょう。

弊社グループも、この激動の時代に取り残されないよう“変化対応”して参ります。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。