惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

青果物カット事業協議会

2010.05.26

今日、青果物カット事業協議会の総会が、東京でありました。

いわゆるカット野菜業界の団体です。

カット野菜業界としては、全国で唯一の団体です。

総会終了後、(独)農業・食品産業技術総合研究機構のマーケティング研究チーム長の佐藤先生による講演会がありました。

講演タイトルは、

「アメリカにおける青果産業の構造変化と日本の青果産業の再編課題」でした。

アメリカと対比する事で、ある程度、日本の青果産業も占えると私は考えています。

当然、食文化も流通システムもアメリカと日本では、違う部分もあり、全てが一致しないとは思いますが、トレンドは、ある程度一致すると思います。

講演内容は、いろいろと興味深いお話がありました。

・アメリカでは、野菜消費が増えている。

・生鮮青果も伸びているが、生鮮加工品つまりカット野菜やカットフルーツが、顕著に伸びている。

・その背景には、アメリカでのファイブ・ア・デイ運動やフード・ガイド・ピラミッドなどの影響がある。

・小売業の寡占化により、グローワー/シッパーつまり産地業者も大型化し、寡占化して来ている。

・グローワー/シッパーの多角化。例えば、カット化など、単に、原体だけを右から左の商売から多角化している。

・アメリカに於いても、中間業者つまりホールセラーを通さず、直接販売が増加している。

・垂直的なコーディネーション化も進展している。

・今後、生き残りに求められるのは、事業規模の拡大と財務基盤の強化が必須。

などなど。

佐藤先生の講演が終了後も懇親会で、いろいろと突っ込んだお話も聞かせて頂きました。

この辺の世界観は、ずっと、自分なりにイメージしていますが、そのイメージにかなり近いお話だったので、確信が持てました。

改めて、弊社が目指している青果物そのものを、単に、右から左へのホールセール機能だけでなく、小分けする、カットする、味を付ける、キット化するなどの“流通加工”の意義に確信が持てました。

今後の成長発展の為には、欠かす事は、できないかと思います。

昔、ロンドンの卸売市場(ニュー・コベント・ガーデン)に行き、仲卸で、元気な会社は、外食産業向けのディストリビューターであった事を思いだし、また、本日も、アメリカのロサンゼルスの卸売市場でも、イギリスと同様だと佐藤先生は、お話されていました。

弊社グループでは、その大目標を

『惣菜のわかる八百屋』と言うスローガンに掲げていますが、まだまだ道のりは険しいですが、この壮大で大きな目標に向かって行きたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。