惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

長崎にて、そして念願のチャンポン

2010.08.28

昨晩は、ホテル日航 ハウステンボスに泊まりました。

ゲートに隣接しているかなり立派なホテルなのに、5人で、朝食バイキング付きで、25,000円でした。

1人当たり@5,000円なので、奈良の近所のスーパーホテルより安いです。

あらためてデフレを実感し、ホテル業界も大変だなぁと思います。

こんな状況が長く続くと、給与なんて、上がらない(上げられない)ですよね。

朝食後、佐世保を後にし、長崎市内へ移動。

有名な観光スポットを一通り回りました。

そして、お昼は、中華街にあります「江山楼(コウザンロウ)」で“長崎チャンポン”を食べました。

長崎では、最も有名な中華料理店の一つだと思います。

江山楼
http://www.kouzanrou.com/

江山楼の社長の王国雄さんとは、今から、20年ちょっと前に「全国デリカ研究会」と言う勉強会があり、そこで、知り合いになりました。

あの頃は「これからは、生鮮三品だけでなく、お惣菜の時代だ!」と、本当に活発な勉強会でした。

私は、最年少会員(20代後半)であり、その上、異業種からの参加であった為に、そうそうたる大先輩の方々を前に、中々、馴染めず、勉強会に参加させてもらっても、1人でポツンとする時間が、結構ありました。

そんな時に優しく、よく声を掛けて頂いたのが、長崎の王さんでした。

あれから20数年経ち、いつか長崎の「江山楼」に行って、王さんのチャンポンが食べたいと、ずっと思っていましたが、ようやく、本日、その念願が叶いました。

家族全員、特製チャンポンを注文しました。

熱々の濃厚のスープで、本当に美味しかったです。

途中、スープにお酢をたらして、これも抜群に上手いです。

王さんと最後にお会いしてから約15年くらいとなると思います。

一度、弊社の工場などをご案内し、近況を報告をしたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。