惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

野菜たっぷりの朝食バイキングのホテル

2010.09.23

先日、長野の友人から、ある雑誌のコピーを頂きました。

「味の味」と言う雑誌のコピーらしいです。

記事を書かれているのは、犬養智子さんと言う評論家の方で、その記事のタイトルは、

「食べてハッピー・ホテルの朝食に楽園があった」

と言うものです。

その友人は、長野の小布施の栗菓子の最大手のメーカーの若旦那で(笑)、とにかく、かっこいい中年です。

より良い商品作りの出来る人は、やはり、どこかに“こだわりの心”があります。

私は、秘かに、その兄貴を憧れながら、尊敬しています。

私のように問屋商売で育ちますと「売ってナンボ」です。

でもわが社もそれなりに「ものづくり」部門の売上が増えて参りました。

気が付いたら、グループ全体の約半分が「ものづくり」部門の売上です。

だからこそ、より良い商品が作れるようになれる会社になりたい、最近、強くそう思います。

でも、まだまだです。

私なんて、薄っぺらな本当に浅い浅い“こだわり”しかありません。

いつかどこにも負けない商品作りの出来る会社になりたい。

カット野菜も惣菜キットも天ぷら材料もお弁当もお節もオードブルも…。

キラリと光る商品を。

さてそのホテル名は「ホテル・コムズ銀座です。

旧三井アーバンホテルです。

http://www.hotelcoms.jp/ginza/

今回の東京出張でさっそく泊まって参りました。

そして朝食バイキングを実際に頂きました。

記事にありましたように、本当にバラエティー豊かな、凄い「野菜レストラン」でした。

私は、楽天トラベルで予約しました。

ツイン朝食付きで12,000円で予約したので、かなり安いホテルだなぁと思いながら参りました。

ちなみに朝食だけを外部から食べに来ますと1,890円なので、いかにホテル代が安いかが分かります。

私見ですが、ホテルが、かなり老朽化し、競争力がなくなった為、その差別化の一環で、この素晴らしいレストランが誕生したのではないか…と勝手に推測しています。

私は、国内外、たいがい、いろんな所に行ってる方だと思いますが、これだけの野菜の品揃えのある朝食バイキングは、初めてです。

“野菜たっぷり”と銘打った朝食バイキングの多くはサラダが主体です。

つまり“生”の状態だけで出します。

これではたくさんの量が食べられません。

ここは、ソテー、煮込み、グリル、サラダ、スチーム(蒸し)、それと驚いたのは、自ら“ブランチング”つまり“湯がいて”食べさせるコーナーまでありました。

これなら、野菜が本当にたっぷり食べる事が出来ます。

そしてそれぞれの野菜の素材の良さを引き出す工夫がされてました。

そして感心したのは、シェフ自らが、各テーブルを回り“目配り”“気配り”が徹底されていました。

シェフが空いたお皿などを自らが、バッシング(下げ膳)まで、されていました。

よくあるのは、ちょっと、有名になると、ふんぞり返るシェフが多いようですが…。

個人的には、私は、大満足しました。

ここのホテルの部屋は、狭くて、ちょっと窮屈でしたが、値段と立地、そして、この野菜たっぷり朝食バイキングは、大変お値打ちでした。

東京で泊まる機会がありましたら、是非、一度泊まって見て下さい。

八百屋のわが社なら、今後も絶対にベンチマークする「朝食バイキング」でした。

情報をくれた長野のかっこいい兄貴に感謝です。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。