惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

農林水産省の会合を終えて

2009.06.25

今日は、農林水産省での会合に参加させて頂きました。

「農協の改革」についての委員会です。

今日で第2回目でした。

今日は、弊社の「惣菜のわかる八百屋塾」でしたが、こちらの委員会を優先させて頂きました。

八百屋塾もお陰様で、第22回目となりました。
今回も100名以上の来場者がありました。
本当に有難い事です。
私が留守していても、これだけの大きなイベントが、社内で粛々と進める事が出来る体制ができ、嬉しく思います。

さて、本日の農林水産省の委員会は、長野県のトップリバーの嶋崎社長などの農業生産法人3社が、ゲストとして招かれていました。

嶋崎社長は、先日のカンブリア宮殿でも「儲かる農業」として紹介されていた人です。

番組内でも感じましたが、歯に衣着せぬ物言いのストレートな人でした。

前回(第一回)の委員会は、農協の概要説明と自己紹介で終わりました。

しかし今回は、説明部分は冒頭部分だけで、あとはフリートーキングでした。

嶋崎社長に対する質問が圧倒的でした。

嶋崎社長曰く「私はトラクターにも乗った事もないし、農業の経験は全くありません」と。

お話を聞いてみて、農業を「経営」されています。つまりビジネスを立派にされています。

特に就農者を育成するのが、ビジネスの根幹だとお見受けしました。

どちらもテレビでよく出演されますが、嶋崎社長と和郷園の木内代表の違いは、私なりに次のように感じました。

それは木内さんは百姓上がりの商売人であり、嶋崎さんは、産地業者が、自ら内製化する為に農業をしている百姓だと。

生でいろんなお話を聞けるので、有難いです。

今日までの二回の委員会で、農協に対するイメージが、今までのイメージと違う部分もあり、再確認できます。

あと残りの3回の委員会を有効に活用し、さらに農業の実態、農協の実態を自分なりに把握したい。

そして私は、川中の実務者の立場としての意見も出したい。

追伸
夕方、農学部の二回生である長男と東京で晩御飯を食べました。

二回生になると農業実習も増えているようで、学生たちが、自ら茶摘みした新茶をくれましました。

晩御飯を食べながら、農業実習の話やら農協の話やらをしました。

農業は、本当に奥が深いとあらためて感じた一日でした。

明日は、息子たちが茶摘みした、そのお茶を飲んでみたいと思います(笑)。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。