惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

茨城にて

2010.07.31

昨日は、座談会後、明治神宮に行き、そのまま東京で宿泊しました。

今日は、茨城県に産地出張して参りました。

茨城県の土浦周辺は、広大な蓮根畑(上の写真)が広がっていました。

この光景を見ると、まもなく、お盆の季節だなぁと感じます。

また中国の江蘇省の蓮根畑も思い出されます。

弊社では「水煮蓮根」も、まずまずの取り扱い量があります。

さて、弊社のHMR事業部では「天ぷら材料」をたくさんの食品スーパー様の惣菜部門向けに納品させて頂いています。

中でも、サツマイモは、大量に使います。

サツマイモの主力の契約産地は、茨城県の生産者の方々にお願いしておりますので、今回、ご挨拶方々、行きました。

そして、この時期のキュアリング(サツマイモの貯蔵技術の事)の状態も見たかったので、合わせて「原料用の室(むろ)」も視察しました。

サツマイモは、日本も中国もそうですが、作付けは、大半が、春から初夏にかけて行われ、収穫は、お盆明けから、晩秋に掛けて行われます。

高知県のように「早堀り」産地などもございますが、あらかた、こんな感じです。

つまり、ジャガイモのように南から北への“産地リレー”するような青果物ではなく、決まった産地で「年一回収穫」が基本です。

つまり、サツマイモは、年一回の収穫の青果物の為、周年(一年中)、安定供給するには、貯蔵技術を必要とします。

それがサツマイモの“キュアリング技術”です。

温度13℃、湿度90%にコントロールされ、翌年の新芋が出るまで、上手く繋いで行きます。

サツマイモは、秋の初霜が降りるまでに、全てを掘り出し、“風乾(ふうかん)”後、専用の室(むろ)に入れます。

キュアリング技術が、未熟な昔なら、秋の収穫品は、せいぜい、翌年の4月くらいで、駄目になりました。
今は、かなり熟練し、秋の本格的に新芋が出るまで、回るようになりました。

サツマイモの話をし出したら、私は、止まらなくなるので(笑)、この辺で…。

何れにしても国内産地、中国産地を含めまして、相当な量のサツマイモを扱うようになりました。

しかしながら、まだまだ加工技術の向上や「用途開発」は、発展途上にあります。

これからも引き続き、勉強して行きたいと思います。
産地の皆様には、本当に感謝しています。

下の写真は、弊社の商品も作って頂いています冷凍野菜工場です。

今日は、ニラの凍菜をされていました。

今年の秋には、中国の各省やサツマイモ産地、蓮根産地なども、久々に産地視察する予定です。

産地に行きますと、いろんな事が理解出来ます。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。