惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

粥専門店

2009.09.15

昔、若い時に海外に来て、日本食、特に、米が食べたくなったら、中華料理屋さんに行きました。

どの国の、かなり田舎町に行っても、必ずと言っていい程、中華料理屋さんはあります。
学生時代は、貧乏旅行だったので、高価な日本料理店には、中々、行けませんでした。

そんな時、中華料理屋さんは、本当に助かりました。

日本人が決して行かないようなスペインの片田舎にも、アフリカのモロッコの町にもありました。

華僑は、本当にたくましいです。

中華料理屋さんの経営は、家族経営が基本であり、まさしく「商売の原点」を感じます。

お父さんが、中華鍋を振り、奥さんが接客をし、おじいちゃんとおばあちゃんが、奥で、孫の面倒を見ながら、皿洗いをしたり、ジャガイモの皮を剥いたりと。
私は、何より華僑の人たちは、覚悟を決めて、土着化しているなと思いました。

ブロークンではありながらも、その国の言語を覚えて、土着化する。

だからその国の人たちに普通に利用してもらえるようなリーズナブルな価格設定であり、当時の日本料理店にありがちな、JALパックで来た(笑)お金持ちの“お上りさん旅行客”を相手にしたのとは、訳が違いました。

海外で成功するには、やはりそれなりの覚悟が必要だと思いました。

写真は、チャイナタウンにありますお粥専門店です。
グツグツ煮立った海鮮粥が、3.95ドルでした。

体に優しく美味しかったです。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。