惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

“知識商人”を目指す

2014.04.16

今回の視察では、下記を学びました。

イギリスの最大の小売業であるテスコの事業戦略です。

「マルチフォーマット戦略」 です。

つまり街中のコンビニから、SM(食品スーパー)、郊外型のハイパーマーケットまでをすべてのフォーマットを展開しています。

マルチフォーマット戦略は、

・顧客に対して、さらに“近づく”ということです。

・ただし、マネジメントの複雑さが増すという悩ましい問題もあります。

一方、

「シングルフォーマット戦略」は、単一の商売で商売をする考え方です。

これには、

・“規模の経済”が必要です。

・マネジメントが、シンプルである優位性があります。

弊社フルックスグループは、この20年間、多角化事業で構成して参りました。

単体の仲卸業だけの商売ではありません。

常に、これで正しいのか、私は、悩みながらずっとやって参りました。

当たり前ですが、商売は、シンプルな方がいいに決まっている…。

それをわかりながら、ある意味、弊社グループは、マルチフォーマット戦略をして参りました。

わたしは、弊社グループの、この多角化経営を成功させるのに、重要なカギは、グループ内の“コミュニケーション力”が、とても重要だと考えています。

つまり、他部門を知り、お互いをわかり合う努力…。

そうでないと多角化としてのシナジー効果が得られないからです。

それと事業バランスを考え、常に適切な“構成力”が必要です。

“立ち位置(ポジショニング)”を自問自答して参りました。

私は、この5年間、特にグループ内の適切な構成力、つまり、バランスを意識してやって来ました。

悩みながら、悩みながら、多角化経営を始めたのは、理由がいくつかありますが、これは、簡単には説明できないので、別の機会に述べたいと思います。

端的にのべると「八百屋の商売は、不安定(心配)の上に成り立つ」からです。

青果物は、常に天候に左右されますので、シングルフォーマット(単一商売)だけでは、リスクが高いです。

弊社グループは、苦労して参りましたが、多角化には、まだまだですが、かなり手応えを感じつつあります。

これからも、私は、グループの長として、バランスよく各社を成長させたいと考えています。

それと本日、

「後進の先進性」ということばも学びました。

つまりアナログ時代なら、一度、先行した企業には、中々、追い付けなかった時代です。

しかしながら、デジタル時代は、遅れていた者ほど、最新の技術を導入することができる…。

これからの時代は、一気に抜き去ることも可能な時代です。

ある意味、弊社のような小さな会社でもチャンスがあります。

だからこそ、デジタル時代は、“知識商人”を目指さねばならないと学びました。

多くの結城義晴先生の講義で学びました。

弊社グループは、いつか、R&Dセンターを作りたい。

八百屋がR&Dセンターと笑われると思います。

コテコテの八百屋には、似つかわしくはないかもしれません。

でも、これからの事業には、開発力が絶対必要だと思います。

これからは、汗をかくだけのビジネスでは、中々、世の中の要請に対応できないとも考えます。

商売で、汗をかくことは、何よりも、尊いし、絶対に重要です。

特に、20代~30代は、とにもかくにも、現場で汗をかいて欲しいです。

私は、その時代、現場で走り回っておりました。

“現場”体験を体に染み込んだ者だけが、その延長線上に、次の視界が見えて来ます。

「現場」を知る唯一の手段は、机上だけでなく、現場で汗をかぐことだけです。

現場は大切にしたい。

その上で、付加価値経営を目指したい。

これからは“知識商人”を目指したいと思います。

ロンドンの現地ガイドさんに聞きました。

イギリスでは、CTNと呼ばれているらしいですが、つまり、コンフェクショナリー(お菓子)、タバコ、そしてニュースペーパー(新聞)を売るお店。

簡単に言えば、よろず屋さんですね。

私が、若い頃にバックパッカーをしていた時代には、このようなCTNと呼ばれるようなお店がヨーロッパのいたるところにありました。

その時代は、小売業の中心はSM(食品スーパー)ではありませんでした。

当時、CTNを担う人たちは、インド人であり、バングラデシュ人、パキスタン人の人々です。

彼らは、残念ながら、いつまでも社会的地位が低いままです。

街中の八百屋さんも、社会的地位が低いのが、厳しい現実です。

私は、生まれてからずっと八百屋のせがれとして育って来ました。

私なりに、常に、誇り高き八百屋を目指して来ました。

その実現には、まだまだ道のりは長いです。

これからも、志高く、そして、誇り高く、結城先生が話された“知識商人”を目指したいと思います。

結城先生、たくさんの学び、本当に、ありがとうございました。

バルセロナの郊外の公園にて

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。