惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

盛和塾・世界大会(in 横浜)にて②

2011.07.06

今回、初めて、盛和塾に参加しました。

私は、塾生ではないので、この独特の雰囲気に(一種の宗教法人的な?)(笑)、圧倒されました。

今回の大会スローガンは、

「心を高める・経営を伸ばす」

です。

塾生による発表は、8人ありました。

全員、経営数値(売上高、経常利益、自己資本比率など)の公表がありました。

私の友人の熊本のヒライさんは、グループ年商170億円、経常利益10億円です。

経常利益率5.8%と本当に立派です。

優秀賞を受賞されました。

発表者の中には、経常利益率が、15%を越えるような企業もありました。

ただ、成功企業だけでなく、会社更正法後に再建した会社や、現在進行形で再建途上の中にある会社なと、様々な視点での発表があり、大いに勉強になりました。

そして、この2日間、ものすごく感じたのは、JALの変わり様です。

JALが、事実上、破綻後し、最近「変わったな」と思っていましたが、今回の会場運営には、多くのJAL社員が参加されていていて、彼等の“懸命さ”“ひた向きさ”は、3500名の誰しもが感じたかと思います。

パイロットもキャビンアテンダントも整備士も全く関係なく、JALの社員たちは、グッズの売り子としても大活躍でした(真ん中)。

JALの社長も率先して、塾生を迎える姿勢には、凄いなと感じました。

さて、2日間の大会の最後に稲盛塾長の「塾長講話」がありました。

フィロソフィー(経営哲学)の大切さを説かれました。

フィロソフィーの4つの要素

①会社の規範となるべき規則や約束事

②企業が目指すべき目的や目標を達成すべき必要な考え方

③企業が素晴らしい“社格”を与える考え方

④より良い人生を送る為に必要な人生の真理

だと。

弊社は、いや経営者としての私自身が、まだまだ“本気”ではないと痛感した2日間でした。

横浜の「みなとみらい」での学び、素晴らしかったです。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。