惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

産直の是非と卸売市場

2009.10.18

今朝(10/18付け)の産経新聞の朝刊に「赤松農水相が岡田外相父兄を批判!?」と言う記事がありました。

「強い物が現金を持って何でも現地で買えばいいというのは、消費者にとっていい事なのか」と発言したとあります。

17(土)の朝、名古屋市中央卸売市場北部市場(愛知県豊山町)を赤松大臣が視察され、大手スーパーのイオンなどを例に、農産物の産直直送販売に批判的な考えを示したという記事です。

さらに、スーパーによる産直が進み、中央卸売市場の地位が低下することに懸念を示したとも。
記事の中に、岡田外相のお父さんが、イオンの名誉会長であり、お兄さんが社長は、周知の事実です。

同じ閣僚だけに発言が話題となると。
そして農水相は、イオンの産直事業について「うまくいっていない。広がりも出ていない」と断言。

「中央卸売市場法で位置付けられた市場の役割について、もう一度しっかり考える機会だ」と書かれていました。

中央卸売市場の青果仲卸(果実)が、創業事業である弊社としましては、卸売市場のこれ以上の衰退は、何としてでも歯止めを掛けたいと言う思いと、一方、今さら、政治主導で市場流通そのものを維持できるのかと言う気持ち、そして、何よりも、ここまで来たら、それぞれの「自助努力」で、それぞれの企業が持てる知恵を出し切り、顧客ニーズに、必死に対応するしか、生き残る道はないのではないかと思います。

大手小売業が力任せに、金の力でと言う表現は、ちょっと実態とは違うように思います。

生産者だって直接売りたい人が、たくさん、いらっしゃるでしょうし、その辺を“官のコントロール”では、もはや、どうしようもないでしょう。

私は、農林水産省からのご指名で「農協の新事業像の構築に関する委員会」の委員でしたが、結局、結論らしい結論は、残念ながら出ませんでした。

一筋縄ではいかない大きな問題だけに、本当に難しいです。

私自身もまだまだ自問自答し続けながら、自社なりの「解」を見つけ出したいと思います。

黒田

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。