惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

産地交流会by 農経新聞in 京都

2011.02.17

農経新聞社さん主催の「産地交流会」が、京都でありました。

今回は、全国から50名近い参加者がありました。

初日(昨日)が、トレードグループさんの植物工場の見学。

http://www.trade-group.jp/

意外と思われるかも知れませんが、私は、植物工場を見たのは、今回が初めてです。

投資が大変な商売だな~と思いました。

そして、2日目の今日は、京都卸売市場の視察でした。

京都市場は、昭和2年にできた全国で一番古い卸売市場です。

全国の卸売市場では“相対取引”が中心となり“セリ取引”がなくりつつある昨今、久々に、活気のある中央卸売市場の“セリ”を見ました。

真ん中の写真は、近郷売場の“セリ”風景です。

セリ人が、ハンドマイクを持ちながら“移動セリ”をして行きます。

京都市場は、近郷専門の仲卸もあり、それだけ地場野菜が強い。

それでも生産者の減少に歯止めにかからないそうです。

下の写真は、レール物(遠地物)のセリ風景です。

私は、市場取引は、絶対に“セリ取引”を残すべきと思います。

本当に久しぶりにセリの現場を見て、私の血が騒ぎました(笑)。

量販店が台頭し、それに連れて“相対取引”が増加して来たのは、時代の要請でしょうが、昔のように“セリ取引”が残って欲しいですね。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。