惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

王道の“きつねうどん”

2010.05.28

今日、午後から「日本調理食品研究会年次大会」に行きました。

会場は、中之島の大阪国際会議場でした。

終日、研究発表がありました。

①「新しい技術の製造への提案」

岐阜大学・応用生物科学部の岩本准教授

②「消費者の購買意欲の促進と地域ブランドの創生」

大阪学院大学経営学部の田中教授

③「アジアにおける最新の日本食品事情と輸出について」

日本大学生物資源学部の下渡教授

④「ソフトスチーム技術を利用した高品位食品加工技術」

埼玉県産業技術総合センターの関根先生(早稲田大学の客員教授兼任)

⑤「めりけんや わが社の経営戦略」

㈱めりけんや

代表取締役 成房正樹氏

の5本でした。

私は④のソフトスチーム技術を聞きたかったので参加しました。

これは高温のスチーム処理ではなく、“やんわりした蒸気”で野菜を加工する技術です。

ペーストにも応用できます。

私は、弊社のHMR事業部で応用できないかと…。

でも、あまりにもアカデミックな話だったので、ちんぷんかんぷんでした(笑)。

講演で、一番理解できたのは⑤の讃岐うどんの社長さんの話でした。

この会社は、驚いた事にJR四国の100%子会社です。

現社長もJRの出身の方です。

昔の国鉄も変わったなぁっ思います。

私は、むちゃくちゃ麺類が好きで、讃岐うどんの話を聞いていて、無性にうどんが食べたくなったので、iphoneで、講演を聞きながら(笑)、会場から最も近いうどん屋を検索しました。

そしたら会場隣りのリーガロイヤルホテルの地下にある

「道頓堀 今井」 が検索で引っ掛かりました。

http://www.d-imai.com/

こちらは、知る人ぞ知る、大阪でも老舗のうどん屋です。

本店は道頓堀にあります。

讃岐うどんとは、違う、コテコテのまさしく、これぞ王道の“大阪うどん”です。

スマートフォンを片手に、さっそく、うどんを食べに行きました。

高級ホテルにわざわざ、きつねうどんを食べに…。

税込807円でした。

でも久しぶりにシンプルな、きつねうどんは、大変美味しかったです。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。