惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

欧州視察(51) Rungis ランジス卸売市場④

2010.10.18

今朝のパリ市内は、多分、2~3℃くらいではなかったかと思います。

吐く息は白くなり、メールを打つ手がかじかみます。

日本を出た時は、まだ暑かったので、秋のヨーロッパからだとは知りつつ、一応の冬支度を用意しましたが、やはり寒いです。

おまけに、言葉も全くわからず、誰も知らず、巨大な市場を何時間もさ迷っていていると、本当に冷たく感じます。

ダウンジャケットが必要な感じでした。

朝ごはんを食べず、ホテルを出て来たので、体を温めようと、市場内のカフェに入り、カフェオレを注文しました。

結局、いろんな思いを感じながら、市場を歩いていたら、3時間も滞在していました。

私は、こんな風に、海外に出る時は、いつも以上に、外から、日本を思い、会社を思い、家族や社員を思います。

どうやれば、むちゃくちゃ厳しい青果業界で、わが社が、未来永劫、生き残れ、皆を幸せに出来るのだろうかと。

この文章を読んで、51にもなる男が、何をほざいているのかと、お叱りを受けそうですが…。

純粋な気持ちで、考えて、考えて、考えます。

本当に厳しい時代となりました。

でもチャンスは、山ほどあるとも思います。

今回、コーディネーターでお世話になった結城先生は、常に、我が仕事に、高い志と誇りを持ちなさいと。

真剣な眼差しで、言われると、純粋に心から賛同し、うなずくばかりです。

本当にそうありたいと思います。

そして、いかに「変化対応」し、いかに生き抜くのか、これからも自問自答したいと思います。

答えは、一つだと思います。

社員一同、仕事に自信と誇りを持ち、あらゆる努力を尽くし、その道の“真のプロ”になり、顧客の“真の満足”を創造し続ける事だと。

わがグループの場合、

プロの八百屋

プロのカット屋

プロの仕出屋

プロの一膳飯屋

それぞれの道、本当にまだまだ険しいです。

まだまだ浅いです。

朝焼けの市場で、強く、そう感じました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。