惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

欧州視察(15) ニューコベントガーデン卸売市場①

2010.10.15

今日は午後からパリに移動します。

午前中は、フリーでした。

オプショナルツアーでロンドン市内観光がありましたが、私は、何度かロンドンには来た事がありましたので、これからブラッとしようと思います。

もう少し見たい食品スーパーもありますので。

さて朝から一人で、ロンドンに古くからあるニューコベントガーデン卸売市場に行って参りました。

ここには6年前に農林水産省からジェトロに出向されている方の案内で、公式訪問した事があります。

今回は(も)、ノー・アポイントメント、ノー・パーミッションの“単独潜入”(笑)でした。

2年前にイタリアで、卸売市場に早朝に視察仲間と乗り込みましたが、ゲートで入場を拒否され、入口のカフェで、“モーニングコーヒー”だけを飲んで引き返した事がありました。

また香港の市場では、警備員に連れて行かれたり、上海でもデジカメを取り上げられたり、フランスのアヴィニョンでも捕まりました。

あらゆる国の卸売市場をみたい私の欲求をどうしても止める事はできず(笑)、いつも懲りずに、私の特技である“市場潜入”を本日も敢行し、今回は、成功しました。

“やっちゃば育ち”の私は、どうしても、市場が“原点”です。

さて6年ぶりに、この市場に再訪問しましたが、ほぼ同じ時刻(早朝6時)に来たのに、本当に閑散としていてびっくりしました。

シャッターもかなり降りています。

あれから撤退した業者も多いのだと思います。

行きの飛行機内で読んだ「欧州の卸売市場に関する論文」にも書いてある通りになっていました。

国家が、未成熟の段階は、市場流通は、その機能を果たすが、成熟し、そして小売業の寡占化が進むと自ら「物流センター」を保有するので、市場は衰退すると。

まさしくそのような事でしょうか?

日本は、まだまだ寡占化が進んでいませんので、ここまでにはならないでしょうが…。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。