惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

欧州視察(14) 新婚旅行での苦い思い出

2010.10.15

もうかなり昔ですが、新婚旅行の事です。

かれこれ23年前になります。

私は、学生時代、自由旅行ばかりしていたので、新婚旅行も、パック旅行ではなく、自由旅行にしたかったので、新婚旅行は、往復の航空券だけ買って、ホテルの予約もせずに行きました。

行き先は、ロンドンとスペイン周遊でした。

今から考えれば、家内の両親に相当に心配を掛けたんだろうなと思います。

文句の一つも言いたかったでしょうが、若気の至りでした。

この歳になり、無茶をした事がわかり、詫びようと思いますが、残念ながら、両親は、既に他界しています。

その新婚旅行ですが、最初に到着したのが、ロンドンでした。

ヒースロー空港に到着したのが、かなり遅くなり、空港内のホテル案内所がクローズしていて、仕方なく、電話帳で適当に探し、公衆電話で予約して、行くと言う有り様でした。

そしてホテルに着いたら、そこは改装工事中で、花嫁さんが、イメージしていただろう(笑)、オシャレなホテルとは、大違いでした。

そして翌日だったかと思いますが、晩御飯にロンドンの中心に位置しますSOHOの中華街に行きました。

だいたいどこの国でも中華街と言うのは、どちらかと言えば、汚いとこが多く、私は、そんなのへっちゃらでしたので(笑)、その晩御飯中にとうとう、家内は、回りの異様な雰囲気やら、連続したハプニングやらで、そのレストランで泣き出しました。

こっちは学生時代のバックパッカーよ、再びで(笑)、旅行を満喫していたのに、えらい事になった思い出があります。

あれから20数年経ち、女は図太くなり(笑)、男は家庭では、小さくなる…(笑)。

こんな事態(逆転現象)想像だにしていませんでした(笑)。

その中華街のレストランに本日、講義終了後、自由時間だったので、一人で訪ねると、驚いた事に同じ場所で、まだ健在でした。

看板名を見て、思い出しました。

私は、エビのお粥と青菜炒めを食べました。

逞しく、そして立場が逆転しましたが(笑)、また、来春にでも、家内を誘ってロンドンに来たいなと思います。

多分、今度は、ネチネチといじめられそうです(笑)。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。