惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

欧州視察(13) クリティカル・マス理論

2010.10.15

今日は、8箇所のスーパーを回りました。

いろんなタイプのフォーマットを見る事が出来ました。

今回の視察団は、40名で構成されていて、ドライグローサリー関係の大手商社さんもメーカーさんも、デイリー関係の方も、デリ関係の方、酒、菓子、牛乳、米飯などなど、それぞれの専門家が参加されているので、帰国後の発表会が楽しみです。

今日の視察は、さすがに結城先生が、チョイスした店舗だけに、イギリス小売業を俯瞰する事ができたような気がします。

ホテルに戻ってから、結城先生の講義がありました。

かなり分厚いテキストです。

その中に
「クリティカル・マス理論」
と書かれています。

ある一定の臨界量を越えると、圧倒的な効果が得られる。
そのポイントを「クリティカル・マス」と呼ぶ。

マーケティングの世界では、人口の17%だと。

クリティカル・マスを越えると、一部の社会的現象や一過性の流行ではなく、急速に社会的に定着する。

と解説されています。

難しい表現ですが、何となく理解出来ました。

つまり一定以上のシェアを確保すると商売がしやすくなると。

まさしくテスコは、その“果実”を得ている企業ですね。

ちなみにテスコは30%を越えています。

かなりレベルの高い講義でした。

分からなかった箇所は、明日、ロンドンからパリの移動中に結城先生に質問したいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。