惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

欧州へ

2019.11.02

【欧州へ】

本日より、日本惣菜協会の海外視察にて、ロンドンとパリに参ります。
僕が団長で、約20名の参加者と共に「レディミールを体感」するを
テーマに勉強に行きます。

イギリスもフランスもスーパーマーケットの店頭にはたくさんの
レディミールが並んでいます。

チルド(冷蔵温度)帯、冷凍温度帯、何も豊富な品揃えです。

人手不足問題、食品ロス対策からも、たくさんの学びがあると思います。
しっかり勉強して参ります。

ロンドンでは、キッチン付きのホテルに宿泊し、2班に分かれて、
実際にレディミールを実食します。

さて、
僕にとり、ロンドンは、大学時代のバックパッカーをした頃の思い出の地です。
いつも、長旅に出る時は、ロンドンから旅をスタートしていました。
初めてミュージカルを観たのも、新婚旅行もロンドンでした。

大学時代は、延べ7ヶ月間、バックパッカーとして、世界中を旅しました。
23カ国、旅をしました。

大学時代の最後の旅は、片道切符でパリまで行き、ユーレイルパスでヨーロッパを一周。
そして、ニューヨークからサンフランシスコへ、さらに、サンフランシスコから
メキシコシティまで、全てバスにて陸路で横断&縦断した旅をしました。
この時は70日間でした。

ロンドンで、ニューヨーク行きの格安航空券をゲットし、ニューヨークへ。
40年近く前なので、インターネットも携帯電話も無い時代です。

ロンドンには、世界中からバックパッカーが集まる場所があり、
そこで下手くそな英語で、情報を集めながら旅をしました。
ロンドンには、旅行社ばかりが並ぶストリートがありました。
毎日毎日、掲示されるニューヨーク行きチケットの価格を眺めながら、
安い航空券が出るまで、ロンドンに滞在し、ずっと粘りながら待つ。 
そして、ある日、安い航空券が出るや否や、その航空券を片手に、
いざ、夢のニューヨークへ。

毎日がワクワクの連続でした。

グレイハウンドバスと言う全米を網羅するバスで、ニューヨークから、
旅をしながら、最終ゴールのサンフランシスコまで行きました。
旅中は、米ドルを腹巻に入れながら、旅をしていていましたが、サンフランシスコに
到達したら、まだ、少しだけ、米ドルが残っていたので、
ついでにサンフランシスコからメキシコシティまで、
オンボロバスに乗って旅を続けました。

30数時間もかかる長旅でした。
メキシコに入ると、バスを乗り換え、それは、本当にオンボロバスで、
日本人は、僕だけでした。
途中、トイレ休憩と食事休憩が何度もあり、チリがたっぷり効いたタコスを食べたら、
お腹が痛くなり、もう我慢が出来なくなり、バスドライバーに懇願し、
バスを止めてもらい、チリ紙を片手に大平原まで走り、そこで、用を足しました。
バスの窓から、丸見え(笑)

スッキリし、バスに戻ると、バスの乗客たちから拍手喝采を浴びました(笑)

そして、メキシコシティまで到着し、旅先のロンドンで知り合ったメキシコ人大学生の自宅に、
バスターミナルから片言のスペイン語で「しばらく泊めて欲しい」と電話したら、
バスターミナルまで迎えに来てくれ、1週間、居候しました。
彼の大学の授業も密かに同行しました(1日留学)(笑)

今や還暦を迎え、あんな旅は出来ないかもしれませんが、
また、ナイショで行きたいです(笑)

今日からの欧州視察、皆さまと共に学んで参ります。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。