惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

“本業喪失”

2014.02.18

本日のBSフジ「プライムニュース」は、見応えがあり、面白かったです。

富士フィルムHDの古森CEOのお話でした。

富士フィルムは、社名にもあるように元々はフィルムメーカーです。

2000年の売上構成比の54%が写真関連事業でした。

半分以上を占める事業が無くなるというのは、まさしく“本業喪失”と言えます。

車が売るなくなった自動車メーカーがどうなるのか…?

鉄が売れなくなった鉄鋼メーカーはどうなるのか…?

フィルムが売れなくなったフィルムメーカーは、どうなるのか…?

富士フィルムは、急速に進むデジタル化の波に立ち向かい、あらたな事業創造で、見事に生き残りました。

ドシンとした印象の古森CEOは、まさしく、力強いリーダーです。

“本業喪失”のような危機的な状況に企業が遭遇した時、リーダーが、ひ弱だったら、誰も、ついていかないでしょう。

今日の番組を見てたら、わがグループの事業創造(新規事業)なんて、ちっちゃいちっちゃい!

富士フィルムの挑戦を見てたら、何でも出来そうな(笑)、気になりました。

わがグループも、3つの事業会社による成長戦略を描いています。

これからも、時代の“変化”に“対応”し、果敢に挑戦して行きたいと思います。

さて、昔、バックパッカーをしていた頃(30数年前)、当然、思い出を残そうと、写真機を持参して旅に出ました。

当時は、フィルムが、大変高価だったので、ハーフサイズカメラで撮影し、フィルムを節約しました。

今のようにデジタルカメラなら“とりあえずパチパチ”的に、適当にシャッターを押してますね。

あとで削除すりゃいいやと。

あの頃は、一枚一枚のシャッターを押すとき、本当に真剣でしたね。

今の方が、粗末に、シャッターを押し、結局、プリントにもせずに、SDカードを未整理のまま、ほったらかし…。

あの頃は、真剣勝負だったので、想いを込めてシャッターを押したので、基本的に全てプリントにしましたね。

そして、旅先の現地でもフィルムも買いました。

海外に行けば、国産フィルムメーカーである富士フィルムやKonicaじゃなくて、確か、KodakやAGFAがありました。

僕にとって、アナログカメラの時代は、懐かしい思い出です。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。