惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

映画「クロッシング」

2010.05.20

本日、(社)日本惣菜協会の総会の終了後、東京農大の三回生の長男と渋谷で合流し、「クロッシング」と言う北朝鮮の脱北者を描いた映画を観ました。

http://www.crossing-movie.jp/index.html

今、ちょっと話題の映画です。

この映画は、どこでもやっているような映画ではなく、東京と大阪の二ヶ所だけで、それも本当に小さな映画館だけでやってるみたいです。

東京は、渋谷のユーロスペースと言う、渋谷でも場末の映画館でした。
大阪は、
シネマート心斎橋http://www.cinemart.co.jp/
と言う映画館でやっています。

毎週日曜日に「やしきたかじんのそこまで言って委員会」と言う番組が大阪で放映されています。

この番組は、かなり言いたい事を言う過激な番組で有名ですが、東京では放送されていません。

この番組の中で、これまた過激なコメンテーターの勝谷誠彦氏が、過去10年間観た映画の中で、一番感動した映画だと大絶賛されていました。

私と長男は、2年前に中国の丹東(タントン)と言う中朝国境の街に行った事があります。

中国側から肉眼で川(鴨緑江)を挟んで北朝鮮が見える街です。

発展目覚ましい中国と全く何にもない北朝鮮の対比は、あまりにも強烈な印象でした。

特に夜は中国側は、ネオンサインがこうこうと明るいのに、北朝鮮側は、本当に真っ暗でした。

「クロッシング」

本当に哀しい映画でした。

飛行機で2時間もかからない隣国が、これ程までに、北朝鮮の国民が、悲惨な状況の中、苦しんでいるのかと思うと…。

私も息子も久々に感動した映画でした。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。