惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

旅の事

2010.03.27

今日は、旅の話題です。

東京農大の長男が、今、ヨーロッパを1人で旅行中です。

今回は、20日間の自由旅行です。

ロンドン往復のディスカウントチケット(KLMオランダ航空)とユーレイルパス(上の写真)と、あの赤いトーマスクックの時刻表(下の写真)を片手に旅をしています。

ロンドンからパリを経由し、一昨日、マドリードに入ったみたいです。

私も30年近く前に、1人旅をしました。

私の場合は、大学時代、23ヵ国を1人でバックパッカーしました。

あの時代は、インターネットもないし、携帯電話もないし…。

のどかに絵はがきで、旅の便りを綴ってました。

随分経ってからも、その絵葉書をお袋は大切に保管してました。

今回、愚息のトーマスクックの時刻表を久々に手に取りましたが、30年前と全く変わりません。

赤い表紙に索引のあり方(調べ方)も、全く一緒でした。

ペラペラとページをめくっていると、旅費を節約するのに必死だったので、夜行列車を乗り継いだ、あの時代を思い出しました。

自由旅行の良いところは、計画性のない旅です。

つまりどこに行くかは、その時次第。

逆に言えば「決断の旅」でもあります。

全て自分で物事を決めなければならない。

居心地の良い街は長居をすれば良いし、その逆も。

常に“決断”が付きまといます。

そして旅先でのいろんなトラブルも、また、旅の思い出になります。

僕は、たまたまスペインのマドリードで、クーデター未遂事件に遭遇しました。

一部の軍の将校たちによる国会占拠でした。

結局、失敗に終わり、翌日、全スペインで「民主主義万歳」のシュプレヒコールのデモ行進に、私も参加しました。

先頭を歩いていたら(笑)、地元新聞に映って、思い出に、その新聞を持ち帰りました。

愚息も今回、鉄道ストに遇ったりして、スムーズにスペイン入り出来なかったと、ぼやいてましたが、それが旅の思い出となります。

先日、弊社グループの経営計画発表会で、私は、社員に宣言しましたが、管理部門の社員も含めて全社員を、一度も海外に行った事の社員を必ず、50周年まで(あと4年以内)に、海外に連れて行くと。

海外の空気、文化を是非、体感させてやりたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。