惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

方位磁石とアナログ人間

2008.11.09

先日、家内が一人ど東京に行く機会がありました。

ある研究会(スイーツ・デリ)に参加する為でした。

家内は、ほとんど一人で上京した事がありません。

家内に東京のだいたいの主要な場所を説明しても、ポカッーとしているので、まどろっこしくなって、東京23区の地図と方位磁石を手渡しました。

この時点では、2人ともマジでした。

家内が東京から帰るなり、その研究会で方位磁石を持参した事が、えらくウケたと(笑)、話しておりました。

うちの嫁さんは、全く方向音痴であり、持って行けと、その時点では私は“真顔”で言ったのですが、よくよく考えれば、自分でも可笑しくなりました。

今時分、東京のど真ん中で地図片手に方位磁石を見ている人を私自身も見たことがないので。

私は学生時代、7ヶ月かけ、リュックに寝袋姿で23ヵ国を一人旅しました。
いわゆるバックパッカーです。

あの頃は、インターネットも携帯電話もGoogleマップもない全くの「アナログ時代の旅」でありました。
あの頃は、大いに方位磁石が役立っていました。

その時の習性から、私は今でも、出張カバンに方向磁石をしのばせています(笑)。

また今でも海外に行って、一人で空いた時間にブラッーと散策する時、使います。

しかし今や、車にはカーナビ、そして携帯電話にもナビがあるので日本では全く必要ありません。

回りの方々から指摘されて、自分自身でも本当に可笑しくなりますが、中々、昔の習性は直りませんね。

でも、あれって便利やけどなぁ~(笑)。

アナログ人間のノスタルジーかもしれませんが…。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。