惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

新しい時代

2009.06.26

東京からの京都へ向かう新幹線です。

今朝(6/26)の日経の朝刊の一面記事は、

「通販、コンビニ・百貨店を抜く」と言う記事です。
これはある意味、大きな出来事かと思います。

先日、たまたま「チェーンストア・エイジ」と言う雑誌にこの種の記事があり、手帳に書き留めていたので、それを開くと

直近データでは、各市場規模は、

①百貨店市場=7兆4千億円
(将来的には5兆円になるとショッキングなコメントも)

②コンビニ=7兆8千億円

③GMS=8兆8千億円

④SM=17兆1千億円

日本は、戦後しばらくは百貨店大全盛時代でした。

ダイエーが、三越の売上を抜いたのが、1972年です。
当時のダイエーは、「Over M」の大スローガンの元、頑張ったと聞きます。

そのダイエーはしばらくは、小売業の第1位に君臨し続けるも、程なくして脱落しました。

今は、グループ企業としては、セブン&アイですが、今朝の記事にもありますように、通販がかなり伸びてています。

「通販」=「インターネット時代」です。

本の流通も、全体売上の1割が、ネット販売です。

食品スーパーも「ネットスーパー」に力を入れています。

少子高齢化と相まって「有人店舗」のあり方を根本的に見直す時代が到来しているのかもしれません。

外食産業を含む全てのマーケットでオーバーストアの感が否めません。
でも個人的には、やはり、実物を手に取っての販売方法は、永遠に不滅だと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。