惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

慢心

2010.06.21

今日、奈良県の地元の信用金庫さんの「総代会」に参りました。

創業62年目の財務内容抜群の信用金庫さんです。

ご存知のように、一般企業の株式総会に当たるのが、信用金庫では「総代会」になります。

今回、私は、初めて“総代”として出席させて頂きました。

私には、分不相応でしたが、ご指名を頂ける事は、名誉な事だと、喜んで引き受けさせて頂きました。

でも、今日は、本当に迂闊でした。

私は、あろう事か、約3分遅刻し、会場に入りました。

会場に入ると、ちょうど新任の総代が紹介されている時で、タイミング良く(悪く?)、私の名前が読み上げられている時で(笑)、正直、頭を下げつつ、着席までに、何とも言えない冷や汗が、流れ出ました。

ギリギリまで社内の所用があったとは言え、全く、弁明の余地はありません。

今考えれば、調整する事は、十分に可能でした。(いや、事前に分かっていた予定なのにアホでした)

私の慢心かと思います。

ある意味、私は、この歳にもなると、いろんな場に出る機会も多くなり、知らず知らずのうちに、場馴れして来た事の慢心かと思います。

昔なら、こんな会に出るとなれば、緊張して、絶対に早く、いや早過ぎるくらいに私は早目に行ってました。

新規開拓中のお客様の最初の訪問や重要な商談の際などは、事前準備怠らないようにやって来たつもりです。

“慣れ”(=うぬぼれ)です。

たった3分、されど3分。

今日は、反省しました。

そして理事長様のご挨拶がありました。

話の内容としましては、

こんな厳しい事業環境なので、

・商売に一発逆転はない
・不況を脱出する“近道”もない
・毎日の“積み上げ”をしっかりやる
・一工夫、一手間、二手間掛けて、コツコツと地味に商売をする事が大切だと。

遅れて来た身の私としましては、グサグサ(笑)来ました。

次に、記念講演会は、

奈良大学名誉教授の水野正好先生による
「祝・遷都1300年祭」と言う演題でした。

水野先生は、身振り手振りで、歴史のお話を分かりやすく面白く、解説して頂きました。
大仏の建造技術など、奈良には、相当に力があったのだなと思いました。

今日は、受け付けでは、弊社とのお取引の“ご縁”を頂いた職員の方と久しぶり再会しました。

飛び込み営業で、何度も何度も熱心に来て頂いた方で、私が“総代”として、今日、再会出来ました事、大変嬉しく思いました。

最後の懇親会でも、熱心な中小企業の経営者の方が多く、大変、刺激を頂いた一日となりました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。