惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

感謝!そしてこれからも宜しく!

2008.05.27

東さん、有難う!
本当に有難う!

先日「一つの区切り」として満60歳の定年を迎えられましたね。

そしてこれからも引き続きマネジャーとして、健康に気を付けながら、今までと変わらず頑張って欲しい。
入社以来28年間(昭和55年8月入社)、本当に本当に有難う!

私が入社した時(昭和60年)、一番最初の私の“先生”は、東さんでした。デッチ(荷車)の積み方やトラックの荷造りに始まって、私が初めてセリ台に立つ時、ドキドキしながら頭が真っ白になりながら、震えながら“手”を入れた時も優しく「心配せんでええから、思いきって買え!そして最初から安く競り落とそうなんて考えるな!」と声をかけてくれました。

自分が競り落とした商品が果たして損をせずに売り切る事ができるんだろうかと心配しながら“買い物”をした事を昨日の事のように思い出します。

そして私は、事情があって平成元年に惣菜部門に異動する事になりました。
私は、岡山の惣菜大手企業に半年間の修行を終えて、平成5年の秋に直営1号店をオープンする直前に、どうしても人材が必要となり、母体事業である仲卸部門に人材の派遣を要請をしました。

その時、本当は弁当屋に異動なんて、絶対に嫌だったろうに、全く嫌な顔もせずに、私と一緒にやって来てくれましたね。

東さんは、本来は青果のエキスパートなのに、全く畑違いの分野に…。本当に有難かったし、申し訳なかった。
この15年間、大変だったけどあっと言う間でした。
いろんな山がありましたが、何とかかんとか、乗り越えて来れました。本当に有難う。

写真は、昨年の6月4日に撮影したものです。携帯電話のメモリーの中に大切に保存してました。

従業員駐車場に、創業の頃の事務所を移転し、長らく“記念として”倉庫と自転車置き場として使っていました。

創業当時は、建築現場のプレハブを建て、事務所兼更衣室として使っていました。そんな安っぽい事務所でしたが、当時としては、清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちの(笑)、投資でした。

昨年の今頃、駐車場全体の舗装工事に伴い、その事務所を“泣く泣く”撤去する事になり、その撤去工事の前日に二人で寂しさを感じながら撮った記念写真でした。

今期を初年度とする「中期五ヵ年計画」が4月からスタートしました。

まだまだまだまだこれからも新しい目標に向かって、いろんな山があるでしょうが、お互い健康に気を付けながら、頑張りたい。
これからも宜しく!

感謝。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。