惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

感謝あれから10年

2015.09.28

今、ベネチアからミラノに向かう列車の中です。

パリで単独で4泊し、今夕、ミラノで、日本惣菜協会のミラノ万博視察団と合流します。
さて、私は、2005年9月28日、NTT西日本大阪病院にて、胃ガンの手術を受けました。

人間ドックで胃ガンが発見され、あれよあれよと悩む間もなく、胃と胆嚢を全摘致しました。

手術前日に胃が無くなってしまうと言う猛烈な不安、そして、必ず生きて還りたいと言う執念のような気持ちが交錯したあの日を昨日の事のように鮮明に思い出します。

胃が全く無くなってしまって、果たして、これからご飯が食べられるようになるのだろうか…と。

前日にイチゴのショートケーキを食べました。
やはり、食べながら、涙が止まりませんでした。

そして、手術は無事に成功しましたが、術後、腹水が溜まり、高熱にうならされました。
あれほどの高熱は、生まれてから、後にも先にも、経験したことがありませんでした。

本当に生死をさまよった感じでした。

そして、再度、開腹手術が検討された日の晩に抗生物質が劇的に効き、熱が下がり、お腹が、メスでズタズタにならずに(笑)、済みました。

あの日、本当に苦しかったです。

あれから10年が経ち、私は、56歳となりました。

おかげさまで、今は、すこぶる健康に暮らしています。

本当に有難いことです。

こちらで川島なお美さんの訃報に接しました。

そして次男(24歳)の高校時代の同級生も急逝の知らせが…。

本当に無念だったと思います。

私は、大病を経験したことは、いろんな意味で、「決断力」が備わりました。

この10年で会社は、大きく変わりました。

当時、弊社グループの本社は、大阪の東部市場でしたが、撤退を決断し、奈良に全ての事業を一拠点集約しました。

理由は、私の病気と片腕の杉林(グループ副代表兼㈱奈良三晃の代表取締役)も、ほぼ同時期に病に倒れたことや青果物流通の激変をにらみ、決断しました。

その後、奈良に本社を建て、HMR工場(カット野菜工場)なども建てました。

当時、グループ6社ありましたが、現グループ副代表であり、㈱味の大和路の代表取締役である奥村が、グループの整理統合の陣頭指揮を執ってくれました。

この10年間、数々の挑戦と失敗の繰り返しでした。

昨年の2月には、グループ創業50周年の記念式典も創業者である黒田一郎のもと、挙行することが出来ました。
大変有難いことでした。

今日、ここイタリアで、私のガン克服満10年の節目を迎えられましたのは、大変有難い気持ちでいっぱいです。

弊社グループの商売は、常に、お天道様と向き合いながらやる商売です。

常に不安を抱えながらやる商売です。

これからも、知恵を総結集し、お天道様と向き合いながら、食と農を結びつける夢の商売の実現の為、弊社グループの全社員が力を結集し、精一杯、頑張って参りたいと思います。

写真は、一番上は、ベネチアからミラノの車窓からの田園風景です。

真ん中は、ベネチアにて。

一番下は、パリの新凱旋門(ラ・デファンス)にて。

ベネチアからミラノ行きの列車にて
黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。