惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

平成の開国?移民の受入れ

2008.04.22

4/20(日)の田原総一郎の「サンデープロジェクト」を録画で先程、見ました。

「平成の開国 移民受け入れ」を提言する番組をしていました。

国会議員の中川秀直氏(元幹事長)と坂中氏(元入官局長)のお二人が提言する形の番組構成でした。

日本の人口状況及び将来予想は、

1920年 5596万人
2004年 1億2779万人(これがピーク)
2055年 8993万人
2105年 4459万人
です。

100年後には5千万人を切るというショッキングな数字です。

また年齢別分布図を見ても「少子高齢化」が明らかな状況です。

「移民問題」は、安易にすべきではないかと思いますが、私は、今回の国会議員による勇気ある提言に多いに賛同します。
また坂中氏は、「ミスター入管」と言われたくらいに“取り締まる立場”でありながら、「移民」を受け入れるべきだと。

お二人とも現在の「外国人研修制度」には、多くの問題を抱えているので、思いきって、実態に応じた制度を作り、また、教育しながら前向きに受け入れるのが、日本の進むべき方向性であり、具体的には、50年間で、1000万人の移民を受け入れ、人口1億人を維持すべきだとの主張でした。

写真は、各国の外国人の比率です。

賛否両論はよくあるのは、承知していますが、私は、やるべきだと考えます。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。