惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

市場占有率

2010.05.04

毎年、この時期に
「Chain Store Age」(チェーンストアエイジ)と言う雑誌に「市場占有率」の特集記事が掲載されます。

いつもこの記事を見て感じますが、日本の小売業も知らず知らずのうちに、欧米のように寡占化が年々進んでいる事がわかります。

(1)百貨店
①三越伊勢丹ホールディングス(19%)
②Jフロントリテイリング(15%)
③そごう・西武(13%)
④高島屋(13%)
⑤エイチ・ツー・オーリテイリング(7%)

日本の百貨店業界も上位5社で67%となりました。

次に
(2)総合スーパー(GMS)
①イオングループ(42%)
②イトーヨーカドー(16%)
③ユニー(9%)
④西友(8%)

こちらも上位4社で75%です。

(3)コンビニ
①セブンイレブン(35%)
②ローソン(21%)
③ファミリーマート(16%)

上位3社で72%です。

上記のこれら3つの業界には、これから新規参入する企業はないでしょう。
逆にまだまだ寡占化が進む業界と思う。

そして
SM(食品スーパー)も、上位10社で、とうとう21%を突破しました。

①イオンのマックバリュ各社合計(5.6%)
②ライフコーポレーション(2.7%)
③ヨークベニマル(2.0%)
④マルエツ(1.9%)
⑤マルナカ+山陽マルナカ(1.9%)
⑥オークワ(1.6%)
⑦アークス(1.6%)
⑧東急ストア(1.4%)
⑨バロー(1.4%)
⑩万代(1.4%)
です。

食品スーパーの業界は、大半が地元密着型(リージョナル展開型)なので、上記のように、日本全体を“一くくり”にした集計には、意味がないように個人的には感じますが、それでも上位10社で21%と言う数字には驚かされます。
これをリージョン(地域)単位や都道府県単位で、くくれば、もっと寡占化が進んだ数字が出てくると思います。

弊社の足元の奈良県だけで、くくったら、上位5社で、過半のシェアがあるのではないかと推測します。

しかしながら、食品スーパーの業界の場合は、まだまだ、単独店や数店規模であっても、独自の強さを発揮して、頑張ってる企業も少なからず、ある業界です。
ここは、注視しなければならないと思います。

やはり地域に根ざした「食文化」も関係していると思います。

ただ、日本も小売業よりも先に、再編淘汰された銀行業界を見ても、まだまだ「寡占化」は進むと思います。

「都市銀行」と呼ばれていた銀行群も知らずのうちに「メガバンク」と称され、たった3つのグループになってしまいました。
誰も予想しなかった事態でした。

今後、食品業界にとって、胃袋の数(人口)が減ると言うのは、致命的にマーケットを萎縮させ、益々、熾烈な顧客の奪い合いが行われると思います。

弊社グループのように問屋やメーカーをやってる会社にとっても、顧客に“選んで”頂ける会社になる事が唯一の生き残りの道です。

その意味でも、他社よりも優れた“お役立ち機能”をいかに確立できるかが、勝負だと、いつも、この「市場占有率」の数字を見て、感じるのです。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。