惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

市場の寡占化

2011.03.04

「チェーンストアエイジ」2/15(前々回号)からです。

特集記事は、

「首都圏争奪戦争~4200万人市場~」
とあります。

関東圏の各都県別に食品スーパー(SM)と総合スーパー(GMS)の食品売上高で、上位企業から5社まで、つまり“上位5社寡占化率”が書かれています。

【群馬県】51%

【栃木県】49%

【茨城県】65%

【埼玉県】41%

【千葉県】36%

【東京都】32%

【神奈川県】32%

となっています。

中でも、茨城県は、実に上位5社で、65%つまり2/3をおさえています。
正直、びっくりします。

内訳は
①カスミ(27%)

②セブン&i(11%)

③イオン(11%)

④エコス(8%)

⑤タイヨー(8%)
です。

この数字を見て、
まさしく、日本もヨーロッパ並みの寡占化が進んでいる事がわかります。

今まで業界紙では、よくあるのが、北海道から沖縄までを“一くくり”にして「日本は、欧米のように寡占化は進んでいない」と言う論評でした。

僕は、納得行かず、一消費者の立場で考えると、買い物をする範囲で限定して“寡占率”を出すべきではないかと。

百貨店もコンビニも銀行も商社もビールメーカーも、世界的に、寡占化して来ているのは間違いありません。

その事実を事実として受け入れ、認識しながら、どう商売をするかに、 かかって来ているように思います。

大手のファミレスが厳しい中でも、単独店のオーナーシェフのお店には、行きたいのが、人情であり、また、小粒でも、素晴らしい食品スーパーは、たくさんあります。

成城石井は、小粒とは言い難い規模ですが、でも何千億円の規模ではありません。
(奈良県にも成城石井があります)(笑)

弊社のような吹けば飛ぶような規模の会社が、おこがましくも、このような寡占化について語る資格などありませんが、この記事は、認識だけはしておきたいと思いました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。