惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

“始まり”より“終わり”の難しさ

2011.03.27

昨晩、中1の三男坊と息子の友達と3人で、自宅近くのリンガーハット(チャンポン屋さん)に行きました。

久々だったので、あらかじめお店に電話を掛けて営業の確認。

電話を掛けた時、リンガーハットでは珍しく、電話口に出た女の子は、やたら暗~い、そしてボソボソ…。

何でかな?

と思いました。

僕は、リンガーハットが好きで、東京に出張した時も、ちょくちょく利用します。

どこのお店も、たいがい対応は、しっかりしている印象です。

そしてリンガーハットへ。

そしたら道路に面するポールサイン(看板)と建物看板とも、電気が付いてなかったので、真っ暗状態でした。

関西でもコンビニなどが、今回の大地震以降、節電対策で、建物本体の上部看板の電気を消していますが、道路面に立つポールサインまでは、さすがに消しません。

これまで消したら、車で走ってたら、全く視認できなくなります。

到着し、お店に入ると、女子店員が目に入りました。

多分、大学生らしきアルバイトだと思いました。

さっき電話に出たのは、この子だなぁ~と思いました。

厨房にも若い20代前半のアルバイトらしき男性が2人いました。

そして僕たちは、チャンポンを食べていたら、隣りのテーブルの家族客が、その女子店員に対して、猛攻撃(クレーム)をしていました。

突然に怒りだした理由は、よく分かりませんでしたが、メニューの欠品があったらしく、その欠品メニュー(たまごふんわりレタス・チャーハン)を僕たちが、食べてた事に対して、その対応に激怒したみたいでした。

そして僕は、店内の壁に写真にありますような「今月末で閉店する旨の告知」を見つけました。

「なるほどなぁ~」と思いました。

くだんの家族客がお店を出てから、アルバイト諸君たちは、集い、彼らの顔を見ていたら、「やってられない!」と言う感じでした。

僕は、この光景は、決して他人事ではなく、肝に銘じておくべきだと痛感しました。

このお店は、完璧に「店舗崩壊」の状態でした。

アルバイトたちにしたら、その気持ちは、わからない訳ではありません。

でも、やはり、クローズするお店ほど、しっかりした社員を投入し、最後の最後まで“感謝”の気持ちを込めて、運営すべきかと思いました。

リンガーハットくらいになれば、記念品を配るくらいの配慮こそが、必要だったのではないかと思いました。

弊社グループも青果直営事業部も飲食事業部も、過去、撤退したお店は、実に“二桁”に及びます。

苦しい経験もして来ました。

ただ“お客様視点”での撤退の仕方をしたかと言えば、本当に反省もあります。

何でもそうですが“始まり”より“終わり”の方が、圧倒的に難しいです。

帰りの車の中で、愚息のその一部始終に対するコメントを聞いていて、良かったなと言う気持ちと、昨晩の夕食は、グサッと経営者としての“気付き”がありました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。