惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

外食産業繁盛塾

2014.02.12

今日、大阪・天満橋にありますドーンセンターで開催されました岡山フードサービスさんの「外食産業繁盛塾」に、役員&社員5名で、行って参りました。

岡山フードサービスさんは、食肉卸事業、フードサービス事業を展開される会社です。

今回は「異業種間コラボが生む新しい知恵と付加価値」がテーマでした。

基調講演は、お二人で、一人目は、サントリーの営業マンの方のお話。

マスコミにかなり取り上げられました近大マグロ。

現在、梅田と銀座に2店舗あります。

この事業の仕掛人は、サントリーの、この営業マンの方でした。

「やってみなはれ!」のサントリーですが、実際に、それを地で行くような、開業に至るまでの苦労話でした。

2番目は「きちり」と言うフードサービスの会社の平川社長の話。

http://www.kichiri.co.jp

こちらのユニークなのは「ブランド・コンテンツ・シェアリング事業」と言われるものです。

具体的には、全く、異業種のブランド力を活用し、それを“フードサービス化”すると言うビジネスモデルです。

具体的には、あの体脂肪計メーカーの「タニタ食堂」を企画運営している会社は、きちりさんです。

その他に精米機メーカーのサタケさんのおむすび屋さんもきちりさんです。

http://www.satake-japan.co.jp/ja/about/omusubi.html

つまりフードサービスとは、全く関係の異業種のブランド力×フードサービスのノウハウ(プラットホーム)で、あらたな価値創造を作り上げるというお話でした。

お二人とも、過去の概念を越えた業態開発です。

わが社のフードサービスも、満20年を経過しましたので、そろそろ、新しい息吹を吹き込みたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。