惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

国難を乗り越え、必ず、日本は立ち上がる!

2011.03.13

本日、ラブ&ピースのコンサートがアピタ大和郡山店でありました。

当ブログでも、何度か、ご紹介させて頂いていますが、私の大好きなメンバー(ユニット)です。

彼らの歌を聞くと、心が癒されるんです。

実を言いますと、弊社グループの3月30日の「入社式&経営計画発表会」の後の立食パーティーに、ラブ&ピースを呼ぼうとお願いしておりました。

「工場コンサート」です。

私は、ここ数年、閉塞感に覆われている日本、そして、FRUXグループの「こんな時代だからこそ…」の社内スローガンに照らし合わせ、そして、突然の不慮の事故以来、いまだに入院中の黒田竹美(母)を2年4か月ぶりに会社に連れて来て、何とか喜ばせてやりたい…。

“いろんな思い”が、重なり合い、コンサートを決めました。

そして今日、当日の具体的な打ち合わせをしようと、アピタまで、車で走らせている道中で、ハンドルを握っていたら、車内のカーナビのテレビから、海江田万里経済産業相の記者会見が映っていました。

節電について産業界や国民に訴えている姿を見て、決断しました。

大変な事態だとは認識がありましたが、国民全てを前に電気の消費量を減らして欲しい…と。

今回の大震災は、明らかに前回の阪神大震災以上の災害であり、まさしく“国難”とも言うべき非常事態です。

今回の経営計画発表会終了後の社内コンサートは、やはり、延期すべきだと。

時期的に適切ではないと判断しました。

地震発生後、自分の気持ちの中に、頭の片隅にどことなく“引っ掛かり”を感じていました。

瞬間の決断で、大変申し訳なかったのですが、早速、アピタに到着するなり、企画会社の女性社長さん、そして、担当常務、さん、ラブ&ピースの3人の皆さんには、アピタの会場にて、私の率直な気持ちを伝え「大変申し訳ないですが、延期して欲しい」とお願い方々、お伝えしました。

突然のお願いでありながらも、有難い事に、ご快諾頂きました。

時期的には、ゴールデンウィークを明けた頃に「フレンドさん感謝の集い」の際にお呼びしたいと思います。

ラブ&ピースのコンサートが始まる前に「歌を通じて元気を出して欲しい」と言うお話がありました。

まさしくそうなんですね。

ちょっとだけ先に“お預け”にしましたが、ゴールデンウィーク明けには「こんな時だからこそ、大きな声で、共に歌いたい」と思います。

日本は、必ず、復興します。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。