惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

啓蟄の今日

2010.03.06

今日は、写真なしです。

今日、叔母の葬儀でした。

父であり創業者・弊社グループ会長の実姉です。

満86歳で旅立ちました。

叔母さん、いや、私にとりましては“おばちゃん”はいつも優しい存在でした。

27年前に亡くなった“おっちゃん”、つまり叔父さんも父と同様に大手青果荷受会社の社員であり、いわゆる「市場人」でした。

またその長男と次男、つまり従兄弟たちは、果実の小売商の道を進み、まさしく私の親戚は、世間で言う「八百屋」ばかりであり「商家」の一族です。

だからどうしてもこんな風に親戚が集まれば「商い」の話になる…(笑)。

今回もおばちゃんの遺影を前に、昨晩も、またまた「どこどこのイチゴはどうだとかこうだとか、どこどこ産のみかんはどうだとか…」(笑)

多分、おばちゃんは、そんな私たちを天国から見て、笑ってると思う。

さて昨日のお通夜から今日のお葬式に際して、葬儀社の方々の立ち振舞いを見ていて、しみじみ感心ばかりでした。

プロ中のプロですね。

私は、商売人のさがからか(笑)、これって、まさしく「究極のサービス業やな」って感じました。

大変不謹慎ですが、そんな事を感じていて、それを父に話すと父も全く同じ感想だったみたいで…(笑)。

おばちゃん、ごめんな(笑)。

啓蟄(けいちつ)の今日、親族一同、温かく叔母を見送る事ができました。

私たち親族はあらためて、青果物の商いをさせて頂いている事に感謝しました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。