惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

商売とは“変化対応業”

2009.08.21

今、夏休みで家族で静岡に来ています。

今晩は御殿場の「時の栖(すみか)」に泊まります。

こちらは、サッカーコートや野球場などが整備され、また、コテージ、温泉施設などがあります。
全国から合宿などによく利用されています。

こちら「時の栖」は、米久を創業されたオーナーの経営です。

昨年の春、(社)日本惣菜協会でイタリア視察に行きました。

その時、親しくなった方々で、再度、御殿場に集結し、ソフトボール大会をしました。

私は、大変気に入り、是非、一度、家族で泊まりたかったのです。

ちなみに家族5人(私と家内、大学生の長男と次男、小学生の三男)で、朝食付きで25,000円でした。

御殿場まで来たので、午前中に、富士市にあります「杉山フルーツ」さんに行きました。

先日、テレビでやってました。
商売人のさが(笑)からか、家族の旅行中なのに、どうしても見てしまいます。

実際にお店をお邪魔すると経営者と思われる年配の女性から「どこから来たの?旅行者?視察?」と聞かれてしまいました(笑)。

仕方なく、名刺を差し出し、素性を明かしました(笑)。

そしたら親切に、杉山オーナーさんが「スイカジュースを飲んで行きなさい」と言われて、家族全員分を無料で試飲させて頂きました。

その後、いろいろと質問させて頂き、最近、どこかで講演をされたようで、奥から、講演会の資料一式を下さいました。

こちらのお店は、商店街の中にある果物屋さんです。
この商店街を歩いていますと、多くお店は、シャッターが降りています。

頂いた資料に目を通すと、元々は、ごくごく普通の果物店でしたが、年々、売上高が減少し、生き残りを掛け、果物ギフトの専門店に業態転換されました。

しかしながら、その専門店も需要は、ハレの日(お誕生日など)やケの日(葬式の盛りカゴ)に集中するので、次にチャレンジされたのが、「フルーツゼリー」でした。

文字通り、その時代、その時代に合わせての“変化対応”です。

「商売とは、変化対応業」ですね。
黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。