惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

司馬遼太郎

2011.09.19

先日、食品安全ネットワークで、中国視察があり、弊社からは、HMR工場長が参加させて頂きました。

食品安全ネットワークは、弊社も会員企業で、私自身、微力ながら、こちらの幹事をつとめさせて頂いています。

http://www.fu-san.jp/aboutus/directors.html

このネットワークの会長は、元近畿大学農学部教授の米虫先生です。

弊社は、元々、問屋業から製造業に進出した為に、こちらの勉強会では、主に、食品衛生について、学ばせて頂いています。

今回の中国視察は、主に、上海や蘇州周辺の食品工場視察が中心で、大変有意義だったそうです。

その旅の途中で、司馬遼太郎の「街道をゆく」のDVDの鑑賞会が、現地であり、米虫先生が、そのDVDをお土産代わりに私に下さいました。

司馬遼太郎の本は、いつか読んでみたいと思っていますが、残念ながら、今まで、一冊も読んだ事がありません。

いつか
「坂の上の雲」

「竜馬がいく」
など、じっくり読んでみたいと思います。

頂いたDVDは、NHKの制作で、本のタイトルと同じく「街道をゆく」です。

その中で「中国シリーズ」が、一枚のDVDに収まっています。

司馬遼太郎が、1980年当時に中国の4つの地域を旅した、そのルートを再現取材しています。

この手のNHKスペシャルは、いつも感心しますが、本当に凄いですね。

Nスペの中で、シルクロードシリーズも、シベリア鉄道シリーズも、本当に良かったです。

さて、「街道をゆく・中国シリーズ」のその4つの地域は、

①江南のみち(江蘇省や浙江省)
②雲南のみち(雲南省)
③蜀のみち(四川省)
④ビンのみち(福建省)
でした。

このブログは、携帯で打ってるので、文字が出ませんが、「ビン」とは、「門」の文字の中に「虫」を入れて下さい。

これでビンと読みます。

この連休に、米虫先生から頂いたDVDを鑑賞し、あらためて、中国の奥深さを感じつつ、司馬遼太郎のファンになりました。

司馬遼太郎の随筆と映像が、ドンピシャで融合していました。

特に、①江南のみち(江蘇省や浙江省)は、私自身、何度か、訪れた都市もあります。

11月下旬に、中国の取引企業を訪問します。

次回は、福建省も行く予定です。

司馬遼太郎の訪れた街にも行きたいと思います。

さて、司馬遼太郎さんとは、実を言うとファミレス勤務時代に、遠巻きにお会いした事があります。

大学を出て、イトーヨーカ堂のデニーズに入社し、2店目の赴任地が、東大阪の小阪にあった「小阪店」でした。

しょっちゅう夜中にお越しでした。

入社半年目だったので、その当時、コックをしてましたが、一度だけ、僕の作ったミートスパゲッティをお出しした事があります。

そのお店は、河島英五さんも、しょっちゅう来られてましたが、当時、僕は、文学など全く無知だったので、司馬遼太郎さんが、それほどの大物作家とは知りませんでした。

デニーズのカウンターで、アメリカンコーヒーを飲みながら、もしかしたら「街道をゆく」も執筆されていたかもしれませんね。

感慨深いです。

半年に一回、東大阪の内視鏡専門のクリニックに行きますが、そこから、すぐのところに
「司馬遼太郎記念館」

がありますので、次回の検診の際、じっくり、訪問したいと思います。
http://www.shibazaidan.or.jp/

米虫先生、DVDありがとうございました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。