惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

原点型の八百屋

2008.08.19

今日は、弊社グループの青果直営部門の社員3名と中京地区のMRを実施しました。目的は「原点探しの旅」です。我が社が、青果直営事業に取り組んで13年になります。

今日は、先ず豊橋の友人の食品スーパーに行きました。

彼は、元々2店舗の食品スーパーの経営者でしたが、M&Aをやり、今は7店舗に。
先日も彼にいろいろと解説してもらいながら、中京周辺のスーパーを視察しました。

彼は流通のプロであり、また、海外の流通事情にも詳しく、世界的視点で食品スーパーを考えています。彼の見方は、いつも鋭いので本当に参考になります。

彼の案内で、
サンヨネさんと言う超繁盛店に行きました。
私は二度目でしたが、社員たちに是非見てもらいたいと思いやって参りました。
ここは知る人ぞ知る、繁盛店で元々は、海産物問屋さんでした。
店内で目の前で鰹節を削って販売しています。
その後、地元のAコープの経営の食品スーパーでファーマーズマーケット型式と在来型の混成型の青果コーナーを持つ、店舗にも連れて行ってもらいました。

ここもいろいろ参考になりました。生産者の方々が自ら農産物を持ち込み、自分で値段を付けられるやり方は、全国各地で“ファーマーズマーケット”として大流行ですが、混成型を見たのは、珍しいです。

ファーマーズマーケットの代表格は、やはり和歌山の「めっけもん」かと思います。

その後、豊橋の友人と別れ、名古屋市内に行き、タチヤと言う八百屋型のスーパー?にも行きました。
http://www.tachiya.co.jp/

このお店は、名古屋の同業の友人の紹介の八百屋さんでもあります。

今日は、9店舗中、2店舗視察しましたが、どちらもどしゃ降りの中にもかかわらず、お客さんでごった返していました。

お盆開けの平日でありますので、本来は暇な筈だと思いますが、桁外れの集客にびっくりしました。

正直言いまして、“戸板商法”に毛が生えたようなイメージですが、私は“これこそが八百屋の原点”だと感じました。

いろいろと刺激の多い1日でした。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。