惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

創業の師

2008.03.19

本日、熊本の(株)ヒライの平井龍三郎会長様と岡山の(株)つるやの岩田幹人社長様が弊社にお越し頂きました。
このお二人は、弊社が惣菜事業参入のきっかけを作って戴いた大恩人です。

私は平成元年4月から奈良県中央卸売市場の関連卸の「天ぷらとフライ」のお店の店長を任される事になりました。
中々、商売が上手く行かず、行き詰まった頃でした。
毎日毎日が思い悩んでいた頃でした。
その頃、ある業界誌で熊本のヒライさんの特集記事を見る機会があり、私はさっそく天王寺から夜行バスに乗り、熊本まで行きました。
ヒライさんの天草にある超繁盛店をみてあまりのお客さんでごった返す賑わいを見てビックリしました。

その後ぶしつけにも惣菜業を学ばせてもらいたいと直接龍三郎会長様にお手紙を書かせて頂き、龍三郎会長からヒライ本社へ来るようにとお電話を頂戴し、あらためて表敬訪問させて頂きました。
朝礼にも参加させて頂き、引き締まったその社風に感激を覚えて帰りました。
つくづく惣菜業の成長性を確信しました。
その時、青果仲卸以外に新規事業を立ち上げる決意を致しました。

その後、結局、私はヒライ様のご親戚であるつるや様で平成4年8月からその年の大晦日(お節)まで5ヶ月間研修を受けさせて頂きました。
家内と子供まで連れだってアパートを借りての修行でした。
当時私は既に32歳となり、遅まきながらの修行でありました。

私は煮炊きを覚え、家内はお寿司を学んでと充実した5ヶ月間を過ごし、翌年の平成5年に1号店(お惣菜&弁当のお店)「いちばんや」をオープンする事が出来ました。
あれから18年、お二人の大恩師に新工場を見て戴く事ができ、感慨深く感じました。
今朝、お二人に弊社の朝礼にもご参加頂きました。

学校の先生の「家庭訪問」を受けるような心境でした。

明日からもまたあらたな決意で頑張りたいと思います。

感謝。

黒田久一

(写真)弊社プレゼンルームに掲示してある額縁 平成5年10月30日 「いちばんや」開業の時、(株)つるや様から戴いた祝電とお手紙

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。