惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

初体験歯医者 in Chicago

2014.06.10

久々のブログです。

サンフランシスコでの2日間は、レンタカーを運転してましたので、ブログをアップするタイミングもなく、視察報告出来ませんでした。

後程、MR先を随時、アップ致します。

いいスーパーを回りました。

さて、サンフランシスコからシカゴには、昨晩、入りました。

サンフランシスコ14時ちょうど発のフライトでしたが、機体のトラプルで、1時間30分も出発が、遅れました。

機内に乗り込んでからです。

そして、英語アナウンスがあり、シカゴから乗り継ぎのお客さんは、間に合わないため、下ろされてました。

そのまま居残る乗客と降りる乗客に別れたので、最初は、意味がわからず、アナウンスの英語が、ところどころしか聞き取れず、結局、隣の女性に聞き返しました。

それで状況がつかめました。
(こんな場面でいつも思います、もっと英語のヒアリングをせねば…と)

そして、飛行機がようやく飛び立ち、シカゴへ。

サンフランシスコからシカゴまでのフライト時間は、4時間ですが、待たされたので、かなり、くたくたなりました。

シカゴに到着したのが、夜の10時でした。

シカゴとサンフランシスコの時差は、2時間です。

そして、昨晩は、どこも行かず、ホテル(ヒルトン)に直行しました。

疲れていたので、ホテル内のデリショップで、分厚いシカゴピザとコーヒーで夕食としました。

そして、なんだか、上の奥歯が、なんとなく痛みが…。

ほっぺたも少し膨らんでました。

でも、あまり気にせず、就寝。

朝起きて、その痛みは、結構な痛みに変わり、洗面台に行くと、右顔が、宍戸錠状態に(笑)。

完璧に膨れ上がってました。

男前が台無しに…(笑)。

こればヤバいと、インターネットで、シカゴの歯医者さんを探しました。

明日からの展示会(今回の旅の主目的)が行けなくなりますので。

インターネットで調べると、あいにく日本語が通じる歯医者さんが、シカゴ中心部にないみたいで、仕方なく、郊外列車(Metra:メトラ)に乗って、Arlington Heightsアーリントン・ハイツと言う街に日本人の歯医者さんがいらっしゃることがわかり、1時間ほど列車に揺られて行きました。

そのArlington Heights駅は、のとがな駅で、なかなか、タクシーが拾えず苦慮しました。

そして、ようやくタクシーが拾えて、いざ、歯医者さんへ。

結局、治療済み奥歯のかぶせの中が炎症を起こして、膿が溜まった状態で晴れ上がっていることが判明しました。

日本人医師と聞いてましたが、日系人のお医者さんのようで、治療中は、片言の日本語で(笑)、通訳として、日本語のわかる看護師さんが、来てくれました。

私は、旅行者だと伝え、根本的治療は帰国後とし、応急処置として、麻酔をかけて、切開し、膿を出してもらいました。

麻酔する時、かなりの痛みが…。

ここは日本男子、痛みをこらえ、踏ん張りました(笑)。

海外での歯科治療は、高額と聞いてましたが、治療費は、179ドルでした。

幸い海外傷害保険(AIU)に入ってたので、さっそくコールセンターに電話すると歯科治療の場合、10万円まで出るそうなので、不幸中の幸いでした。

海外で体調を崩すと、やはり、リズムが崩れますね。

4月の欧州視察(ロンドン&バルセロナ)では、スペイン警察のお世話になりましたが(笑)、今回の米国視察では、初めての歯科治療を受けました。

何でも勉強です(笑)。

常に前向き志向(笑)。
たぶん、明日の朝は、宍戸錠の顔から、元通りの男前が復活…。

そうあって欲しいと、ただただ祈るばかりです。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。