惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

再読

2014.01.21

本日より金曜日まで、東京出張です。

東京では、日本惣菜協会の新年懇親会、選果予冷施設協議会の15周年記念式典の2つのパーティに参加

そして、後半は、千葉県成田市の機内食会社に食材部品を供給しているサプライヤーの工場視察と、最終で、友人に誘われて、静岡の藤枝にあります居酒屋のMRもします。

友人によりますと、この居酒屋は、かなり面白いみたいです。

今週は、予定が、結構、詰まっています。

帰奈翌日の土曜日からは、台湾に行きます。

そして、2/2から、社員旅行で、北海道へと、寒いところ、暑いところの往復と、やれやれ…(笑)、と言った感じです。

今回の出張中に「外食王の飢え」と言う本を再読しようと思います。

この本は、30数年前に城山三郎によって書かれた本です。

私は大学4年の時(30年ちょっと前)、デニーズ(現セブン&アイ・フードシステムズ)に内定を頂き、入社前に、この本に出合い、むさぼるように読みました。

題名通り、外食王を目指すビジネス小説です。

明らかに主人公は、ロイヤルホストの創業者である江頭匡一さんであり、ライバル会社として、すかいらーくも登場します。

私は、入社前でもあり、この本を読み、ずいぶんと夢を膨らませました。

「俺も、この業界で頑張ってみよう!」と。

大学最後の冬休みには、デニーズの本国であるアメリカのデニーズに、わざわざ行きました。

あの頃、飲食業界では、ようやく「外食産業」と“産業化したい”という夢がありました。

どちらかと言えば社会的な地位の低かった、この業界を産業化したいと、願った経営者は、たくさんいました。

その産業化実現の夢は、一部では、実現しましたが、まだ、出来ていない部分もたくさんあります。

青果業界も同様でしょう。

まだまだ道半ばですね。

弊社グループも、以前に比べれば、職場環境も、ずいぶん良くなりましたが、本当にまだまだですね。

製造業のように他産業のような“産業”と言うに相応しい業界にしたいと思いますし、その中で、認めて頂ける会社になりたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。