惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

億ションとコンビニ弁当と、これからの中国市場

2009.09.25

上段の写真は、たまたま歩いていて不動産屋さんがあったので、のぞいたら750万元つまり億ションです。
億ション物件は、その他にも結構の数がありました。

ちなみに奈良には、多分、いや絶対に億ションはないと思います(笑)。

そして下段は、ホテル近くのローソンで見た8.8元のお弁当、つまり、約150円です。

中身の割には日本より高いです。

私は、先日来よりニューヨーク、香港、上海に行きましたが、そこで感じたのは、日本が一番、物価が安いと言う事実。

それぞれの国の所得水準から判断し、そして、品質と価格から判断したら、間違いなく、日本は物価が一番安いと思います。

今回、自分の目で、東アジアでの市場の可能性を見た事は、それなりに意義がありました。

実際に香港ではサプライヤーの会社を表敬訪問させて頂き、上海では、現地国営企業の経営のカット野菜工場、そして日本企業の経営によるカット野菜工場の2つの工場を見学させて頂きました。

日本の多くの経営者は、何れ、東アジアを狙わなければならないと言う一種の強迫観念があるのは、やはり、日本の閉塞感からでしょう。

弁当を250円で売ったり、ジーパンを880円で売らなければならないような国は、私は限界があるように思います。

しかしながら、進出された多くの日本企業は、かなりご苦労されているようです。

外食関係だけでも、ジョイフルは、既に撤退されました。

吉野家や味千ラーメン、サイゼリアは、数少ない成功事例でしょう。

それぞれの企業には、それぞれの事情が違い、そのタイミングが大切かと思います。

人材が揃い、それなりの条件が揃い、そして強固なビジョンがあるならば、私は、東アジアも、国内経済の延長(都道府県くらいの感覚で)としてとらえチャレンジすべきかと思います。

ちなみに、弊社は足元の課題がまだまだ山積しています(笑)。

でも、これからもいろいろと俯瞰しながら、自社なりの将来ビジョンを描きたいと思います。

PS.
さて個人の事で恐縮ですが、先日、私とニューヨークで「現地解散」(笑)した次男(18)は、本日無事に帰国したと連絡がありました。

ニューヨークからシカゴ、デンバー、アルバカーキ、フラッグスタッフ、ロサンゼルス、サンフランシスコを回ったようです。

途中、トラブルもあり、残念ながらグランドキャニオンは見る事が出来なかったそうです。

今回の総距離数は、恐らく4500キロくらいになるかと思います。

雄大なアメリカ大陸のバスの1人旅で、何かを感じてくれたらなと思いますが、まだ、愚息に会ってないので分かりませんが「また行きたい」「グランドキャニオンは是非行きたい」と言うか、「もう二度とアメリカには行きたくない」(笑)と言うか…は、不明です。

明日、私が、帰国次第、愚息に聞いてみます。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。